2017年01月23日

シリア・アサド大統領インタビュー(全録) by TBS

imageimage 







  シリアについての日本の報道は欧米に追従し「アサド大統領とそれを支援するロシアが悪者」になっていたけれど、TBSがアサド大統領に単独インタビューをして放映した。テレビを見なかった方は見てみてください。編集せずそのまま報道するというのがインタビューの条件になっています。

 

kumie62 at 03:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年01月22日

ホワイトハウスのホームページからLGBTの権利に関するページが消えた

 image  新大統領誕生し、ホワイトハウスのホームページのトップ画像がオバマさんからクリントンさんに変わりました。内容がどう変わったのtcCranch Japanがフォローしています。

   「いくつかのページが変えられたり、完全になくなっている。その中には、レズビアンやゲイ、バイセクシャル(両性指向者)、トランスジェンダー(性転換者)…LGBT…に関するページもある。」
     今までの権力体制の延長よりはいいかなと思っていたのですが……

    

kumie62 at 16:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!政治 

2017年01月20日

シンポジウム「メディアとLGBT」"ホモネタ"って笑っていいの?

image     「差別なんかいつまでも無くなりはしないんだから,職場の上司に「ホモっぽいね」とか言われても全く動じないくらいの強い人間にならなきゃダメだよ。」
    ツイッターでこのシンポジウムを紹介した<白ブリーフの裁判官'>のつぶやきです。そう、差別なんて簡単になくならない。自分自身を好きになって、明るく元気に堂々と行きましょう。
     シンポジウムのページはこちら 

kumie62 at 23:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!その他 

オリバー監督が日本に警告

「偉大で素晴らしい文化を持つ日本には、ひとつだけ問題がある。日本は自らの国家主権を持たない国、アメリカの従属国、いわば人質なのです」(News23 2017年1月19日)

imageimage







imageimage







上の動画はこちらから

kumie62 at 23:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!政治 | 憲法

デトロイト美術館展開催中@上野の森美術館

IMG_20170120_150514 デトロイト美術館の絵画が上野に来ています。
 デトロイト市の経済破綻で売却することになったけれど全米市民の反対で残されたのだそうです。
  ドイツの絵をまとめて見るのは初めてです。

kumie62 at 19:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!民主主義 

2017年01月19日

アパホテルに南京事件否定の本 アメリカ人が中国サイトに投稿、「右翼ホテル」と炎上

image  アパグループ元谷外志雄代表は安倍応援団重要メンバーー。単なる一企業の問題にではないよう。
   APA: 米国AP報道では
  「元谷氏は安倍首相の声の大きい支持者で、与党自民党の超保守派と結びついている。彼はレクチャーを主催し、主要な歴史修正主義や、イデオロギー信奉者、政治家などを講師に招いている」
http://abcnews.go.com/Business/wireStory
   朝日新聞
   http://www.asahi.com/articles/ASK1L5G9QK1LUTIL02X.html
  上は途中で有料になるので、こちらのブログも
  http://yuruneto.com/apa-enjou/
    

kumie62 at 16:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!政治 | 戦争

2017年01月17日

65歳を過ぎても脳機能は20代、「スーパーエイジャー」たちが習慣にしているアクティビティ4つ

20170116脳 65歳を過ぎても脳機能は20代という「スーパーエイジャー」たちのように若い脳を保つには、頭脳でも肉体でもいいから、自分の能力より少し上に段階に挑戦することだそう。

 20代とは言わないけれど、シルバー世代を元気を過ごす知恵ででしょうか。

例えば

1.楽器を習う
  今まで弾いたことのない楽器を習う。披露する日を決めて家族や友人を招待すれば、プレッシャーが増す。

2.未知の言語を学ぶ
  少し習った言語でもいい、ちょっと上を目指す。その言語で書かれた本を期間を決めて読む。その言葉を話す国で休暇を過ごす。

3.トライアスロンに挑戦する(難易度の高い他のイベントでも)
  普段よりは少しだけ難しいことにコミットする。

4.人前でパフォーマンスする
  感情に負荷をかけることは、精神や肉体に負荷をかけるのと同じ効果があるよう。

詳しくはこちらから


kumie62 at 00:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!暮らし 

2017年01月16日

安倍首相にミサイル断る? 

20170116安倍ドウテル お金は受け取っても日本のいう通りにはしない国がほかにありましたよね。
 それにしても、安倍さんは独断でミサイルも輸出する気でいるんだ。


kumie62 at 23:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!政治 | 戦争

林えいだい82才〜癌を抱えながらもあの時代の史実を徹底的に聞き取り調査、記録する

  「記録作家・林えいだいを追ったドキュメンタリー映画「抗い」
82歳という年齢で悪性の癌の治療を続けながらも、現場に足を運び、史実を追い求め続けている。そんな林が作家人生の集大成として取り組むのが、旧日本軍の特攻作戦の影で若い兵士が殺された事件の裏に隠された、民族差別による冤罪疑惑の真相だった。
監督は戦争をテーマにしたドキュメンタリー番組を数多く手がけたRKB毎日放送のディレクター、西嶋真司。朗読を田中泯が担当。
前売りチケットを買いました。 公式サイト



20170115抗い120170115抗い2













    
続きを読む

kumie62 at 14:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!戦争 | 政治

2017年01月14日

戸澤宗充庵主様の高座説教は琵琶の弾き語り

IMG_20170113_182303_066 池上本門寺宗務院講堂で、戸澤宗充庵主様が新年の高座説教をされるというので行ってきました。

庵主さまは伊豆高原にある女性の駆け込み寺【サンガ天城】と大田区の【一華庵】の庵主で、他に 大森駅近くに、飲んで食べて語れる 地獄谷おばんざい【地獄で佛】もやっています。

高座説教というのは一段高い台の上で座って仏道のお話しをするもので、このスタイルを真似て落語、講談が生まれたようです。庵主様のお説教のイントロは世事から始まり、ご自身がキリスト教から南無妙法蓮華経信仰に変わることで、次男出産入院中のご主人の突然死から立ち直った私事を話され、メインは南無妙法蓮華経信仰が生まれた時代背景として琵琶の弾き語りによる平家物語の一節、その後も弾き語りで、日蓮上人が南無妙法蓮華経信仰を弘めるために両親に別れ鎌倉に行くお話し。80才近い庵主様のハリのあるお声が講堂に響き感動的なお説教でした。

kumie62 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年01月12日

テロに備えるなら現行法で十分

image 今月20日に召集する通常国会で安倍政権が新設をもくろむ「共謀罪」。過去3度の関連法案の廃案に懲りたのか、新たに「テロ等組織犯罪準備罪」と命名し、「テロ対策」を前面に打ち出している。だが、テロに備えるだけなら、現行法でも対策は十分に可能なのだ。  立正大名誉教授の金子勝氏(憲法)が言う。
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/197220/1

 

kumie62 at 05:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!憲法 | 政治

2017年01月11日

「憲法と君たち」が復刻

また憲法違反の法律が……
私たちは憲法を守るつもりのない議員を選んでしまった!

image

kumie62 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!憲法 | 政治

2017年01月10日

杉村楚人冠記念館の「楚人冠と漱石」展に行ってきました

IMG_20170109_151431IMG_20170109_151623








image   昨日、我孫子の杉村楚人冠記念館に行ってきました。
   「楚人冠と漱石〜新聞と文学と」展の最終日。新たに見つかった手紙を含め、子供を亡くしたこと、修善寺での胃潰瘍、英語の訳論争等々を書いた手紙により、新聞人:楚人冠と小説家:漱石の親しい関係が伝わってきます。

    杉村楚人冠記念館は朝日新聞で活躍したジャーナリストと楚人冠が関東大震災の後、一家で移り住んだ家を資料館としたもので、建物も市の文化遺産になっています。
   杉村楚人冠については、私の説明では足りません。
   白樺教育館のサイトで詳しく紹介されています。今の新聞人に読んでほしい!

   
  
   




2017年01月09日

日本の伝統と言われるものは明治に作られたもの

image   慰安婦像問題で稲田防衛大臣の靖国参拝を取り上げたので、白樺教育館館長武田康弘、通称タケセンの昨年1月8日の「思索の日記」をご紹介し、靖国信仰がどんなに愚かしいことかを確認しておきましょう。
  この日記は、1万4千件の「いいね!」がされ、その後、有名サイトで紹介されて、89万件という途方もない数の「いいね!」があり、その後、なぜかそのサイトから消去たそう。
    「この記事に限らず、日本の常識と言われ、思われているものは、明治維新以降に意図的につくられ、国民の信じこまされたものが大変に多いですので、要注意です。
     日本では、明治以降は、政府関係の権威者(御用学者)がつくり出した言説を調べずに「覚える」ことが学習の基本になっています。自分の頭で考えることを基盤に据えないと、明治維新史観に立つ上位者に都合のよい見方をいつの間に刷り込まれてしまいます。
      わが日本においても《善美に憧れ、真実を求める人間性の豊さ》をつくり出したいものです。」タケセン  
     思索の日記はこちらです。

   
 

   

kumie62 at 13:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!政治 | 暮らし

元慰安婦の皆さんは受け入れてくださったけれど、慰安婦像の撤去は別問題。

image    安倍政府は今回の「慰安婦像」問題について「10億円払ったのだから、撤去の約束を守れ。」と駐韓大使の帰国、制裁も。日本のメディアも「やむを得ない措置」という報道である。

   慰安婦像を設置しているは韓国政府ではない。韓国の民間団体、地方自治体、更に外国の地方自治体だ。フランスのルモンドのによると、慰安婦像は韓国内に20、外国に10、設置されている。日本 の圧力で今回の慰安婦像を撤去させたとしても、韓国政府にそれら全部を撤去させ、今後も設置させない権限はない。日本政府は撤去させるという約束だというが、韓国政府にとっては努力義務でしかない。

   ルモンドは今回のきっかけは稲田防衛大臣の靖国参拝だったという。慰安婦についても、「『慰安婦』いわゆる性奴隷」というような表現される。これらが欧米の共通認識なのだ。
   
  元慰安婦の皆さんが10億円を受け入れてくださったことで慰安婦問題は解決したと言っていいだろう。しかし、慰安婦像は日本による植民地支配の屈辱の象徴になっている。「撤去しろ。撤去しろ。」と強く要求しても問題は解決しない。稲田防衛大臣の靖国参拝のような愚かしい愛国心、強がり言動が被害者の屈辱の記憶を思い出させ、怒りを呼び起こすスイッチになる。日本が加害国であった歴史は消えることはない。私達は被害を与えた方たちへの謝罪の気持ちを忘れず、日韓の交流を深め、韓国民衆が慰安婦像撤去を受け入れてくれるのを待つしかないように思う。

    ルモンドの記事のことは内田樹さんのリツートで知ったのですが、その後、内田樹さんがルモンドの記事を 日本語に訳してブログ内田樹の研究室に載せてくれました。是非、読んでください。続きを読む

kumie62 at 12:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!政治 | 戦争