2005年03月23日

グループハウス欅

keyaki小田急線愛甲石田駅から徒歩5分のグループハウス欅を取材した。
ツーバイフォーの木造2階建て、1棟の建物を、3LDK住戸4戸の一般ファミリー住宅部分と1K6戸+共用LDKのグループリビング部分に分けている。グループリビング部分の入居費用は、250万円の入居金(10年償却、中途解約は返金)、家賃65,000円、管理費10,000円、食費等50,000円。月125,000円で朝、夜の食事がつく高齢者用賃貸住宅ということだ。
食事はオーナーが作り、入居者が手伝う。野菜はオーナーやオーナーの親類の畑の無農薬野菜、オーナが飼っている烏骨鶏の卵も食卓に上るとか。
6人の入居者は高齢者4人に、東海大学医学部の学生が2名入っている。学生は学割家賃と食費だけ。医学生にとって、高齢者(90代もいる)の暮らしに触れるのはいい経験だろうし、若いものにみっともないところを見せまいとするのも、高齢者にとってもいいようだ。
最初の入居が開始するまで9ヶ月もかかってしまい、当初の経営は苦しかったそうだが、6年を経て自信を得たようで、もう1棟グループハウスを建築中だ。
オーナーだけでなくオーナーの夫君も子息も介護の資格を取り、母親の仕事への協力体制を準備しているようだ。


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔