2005年03月30日

アビエイター

evaアビエーターは飛行士。主人公ハワード・ヒューズは1904年生まれ。彼は19歳で両親をなし、石油王だった父親の資産を受け継ぎ、その資産と彼の情熱をハリウッド映画と飛行機製作、航空業に継ぎ込む。時代は世界恐慌の頃から第二次世界大戦が終了しジェット機時代が予兆される時期まで、彼にとっては20代〜40代の20年間のドラマ。時期が時期だけに、映画をテレビ、飛行機をインターネットと置き換えて考えてしまう。ハワード・ヒューズの恋人としてキャサリン・ヘップバーンエヴァ・ガードナーが登場する。キャサリン・ヘップバーンを演じたケイト・ブランシェットがいい。


kumie62 at 23:20│Comments(0)TrackBack(5)clip!その他 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. アビエイター  [ エンタメ!ブレイク? ]   2005年03月31日 09:26
役者も話も舞台も衣装もセットも ひっくるめてぜーんぶゴウジャス! ハリウッドの王
2. すべての夢をつかんだ時、いったい何が見えるのだろう。  [ 東京いい店やせる店 ]   2005年04月01日 00:52
巨匠マーティン・スコセッシ×レオナルド・ディカプリオで贈る総制作費150億円のエンタテインメント超大作、遂に公開!『アビエイター』観てきました。久々に観終わった後に余韻が残る、こんな映画は何年振りだろう、、。荒唐無稽で壮大な夢を描き、それを実現してしまった実
3. 映画「アビエイター」  [ 鐚駕次鐚鐚居磁鐚¥自鐚 ]   2005年04月01日 07:46
映画産業と航空産業。その二つの分野でトップをつかんだ男の夢物語。ビジネス戦争有り
4. 『アビエイター』2005年34本目  [ 映画とJ-POPの日々 ]   2005年04月02日 22:36
映画と飛行機を愛した実在の人物、ハワード・ヒューズをレオナルド・ディカプリオが熱演『アビエイター』 アメリカ映画でよくある「立志伝」の映画化。になるのかな。 アカデミーにノミネートはされたけどレオは主演を取れず、マーティン・スコセッシ 監督も(書き忘れ.
5. アビエイター  [ ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! ]   2005年04月07日 16:47
4月1日の映画の日の2本目。見たかった「鉄人28号」と「香港国際警察」の間がすごく時間があったので、時間つぶしがてらに鑑賞。これまた少人数(20人もいたか?)。そんなに期待はしてなかったのだが、結構面白かった。上映時間2時間48分だが、そんなに長く感じなかった。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔