2005年05月

2005年05月03日

信託銀行は問題だ

信託 お客様の希望で、お客様に社員が付き添って弁護士に相談に行く。帰りに御茶ノ水の寄っていただきご夫妻と会食する。
 ご主人の食欲がなくなったことから、夫人が信託銀行に預けている遺言状が気になっておられたのだけれど、ご夫妻ともフルコースのお料理を全部召し上がってくださった。久しぶりの外出で気分転換できたせいか、気にかかっていた問題が解決してほっとされたのか。
 
 それにしても、信託銀行は問題だ。高齢者に多額の事業資金を貸し付け、遺言状を預かる。いざというときは、信託銀行が遺言の執行をする。利益相反する立場のものに遺言を執行させることになる。。。。。(このパンフレットの信託銀行ではない)


2005年05月02日

連休の中の平日

 当社は土日祭日は営業、ゴールデンウィークも社員たちは働いているのだけれど、世間はやっぱり暦通りのお休みだから、連休中日の平日はやるべきことも多い。
 
 社団法人東京都民踊連盟振付の盆踊りバージョンができたのを機会に、某氏を通じて、もう一度、メジャーにCD発売の申し入れをする。今回は民謡、民舞に力を入れているビクター。
同じく、都民連採用、淺草国際通り採用を機会に、企業の支援を得るべく某社宣伝部長に面会の申し入れ。
都税事務所にNPO不動産シ女性会議の法人住民税免除申請手続き。


2005年05月01日

豊里の杜のビオトープ

f3348d6e.JPG
 ゴールデンウィークの販売支援で、豊里の杜の販売要員として、つくばに行く。今回は、一般の建売分譲に加えてビオトープフロントの新発売がある。
 ビオトープは、ドイツ語で生命を意味する(バイオ=bio)と場所を意味する (トポス=toposu)の 合成語で、『多様な動植物が生息・生育する空間』です。
 豊里のビオトープは、湧き水が小川なって調整池まで流れていく。樹木を伐採せず自然を残していており、ビオトープ周辺の宅地は豊里の杜の中でも、最高の立地、建物もなかなかいい。土地75坪、建物40坪くらいで4200万円くらいである。
 
 久々に、ビオトープに入ってみる。湧き水が少なくなって、小川が湿地帯のようになっていたのだけれど、今回はきれいな水が元気に流れている。まさか、水道でも繋いでいるのでは???と疑いたくなるような勢いだった。。。。水道ではなく、きれいな水が湧いてくるまで、事業主が○○○万円かけて掘ったのだそうだ。
リビングからダイニングから