2005年10月

2005年10月31日

手仕事で女性の自立を支える

80663445.JPG

 今日の卓話は刺繍家の久家道子さん。75歳、身長150センチもない小柄な女性ですが、まだまだ現役でエネルギッシュなお話でした。羽仁もと子の自由学園は働くことの重要性をしっかりと教育する学校で、寮の食事も学校の食事もみんなで作るそうで、彼女はその食事作りで料理が面白くなり、料理を仕事にしたいけれど料理の学校がないので、料理が上手いというスウェーデン人の家庭を紹介され、三度の食事を作りに通っていく中で、刺繍その他、夫人の手仕事の素晴らしさに惹かれ、自由学園の美術教育、手芸家であったお母様の影響も加わって刺繍の世界に入り、1956年にスウェーデン刺繍を創作発表、その刺し方を書いた本はミリオンセラーになったそうです。

 バングラディッシュの刺し子タイのメオ族のアップリケも日本に紹介しています。単なる文化の紹介ではなく、彼女は日本人に売れるためのデザインを提供し、彼女のデザインで作ったものを買い上げて日本で売る。。。とビジネスに仕上げて、女性たちの自立を支援し続けているそうです。

 中国とも縁が深く、中国の市民が文化大革命終息で盛り上がりっている場に居合わせ、「これで、中国の女性に刺繍を教えることができる」と思ったそうで、以来、30年、中国に通い、刺繍を教え続け、今は、1万人の中国女性が刺繍を仕事として働いているそうです。NTTの刺繍電報 も彼女のデザイン、中国女性の手刺繍で15年続いています。

 「女の子は泣かない。お母さんが泣いていたら、子供たちはご飯を食べられない。悲しかったら、針を持ちなさい。針を持っていれば涙は出ない。」という、父方の一族のゴットマザーの言葉が思い出します。伯母は住み込みの女中さんたちに、夜、和裁を教え、(給料代わりに)反物を買い与え、自分の着物を自分で縫って、普段着の銘仙から礼装用の着物まで、自分の力で嫁入り支度を整えてさせていました。女性の職場がなかった時代でも、和裁ができれば内職ができました。しっかりした仕立てができれば、未亡人になっても子供の一人や二人を育てることができました。アジアの女性たちとかつての日本の女性たちの針仕事が重なります。久家道子さんと伯母が重なります。



2005年10月30日

求人情報サイト

松本社長

  経営研究集会の分科会は、「非常識の常識がビジネス成功の鍵を握る」というテーマで、コーディネーターは立教大学ビジネスデザイン研究科の亀川教授、事例として株式会社ジョブダイレクト社長の松本淳氏のお話がありました。

 株式会社ジョブダイレクトは2003年創業の求人情報検索サイトの会社です。企業が自社のホームページに載せている求人のページを検索ロボットで収集し、一定の条件に当てはめて情報を整理し、誰でも検索できるサイトにしたのです。現在、59,872件の情報が検索できています。彼の企画に対し、常識的な方たちからは、

ヽ銅劼个蕕个蕕両霾鵑鮟犬瓩得依分類するロボットなんてできるはずがない。⊂ー蠅亡覿箸離汽ぅ箸鬟螢鵐させるビジネスは法律的に問題だ。

の2点を指摘されていたそうです。これに対し、松本氏は、,呂笋辰討笋譴覆い海箸呂覆い世蹐Α△蓮¬簑蠅呂△襪もしれないが、システムが完成して公表した時点での世間の反応に賭けよう、だったそうです。ですから、初めて日経新聞に同社のサイトが紹介された日は、苦情が来るのではないかと、1日、電話の前ではらはらしていたそうですが、批判の反応はなく、「我が社の情報が載っていない。載せてほしい。」のみだったそうです。

 そうなると、我が「株式会社ウェスタの求人情報」が載っているのかが気になります。早速、同社のサイトで試してみました。営業で9389件、その中で不動産に絞って2062件、これを頭から見ていくのは至難です。そこで、当社は社長以下全員女性の会社ですので、「女性」というキーワードで検索してみますと32件(研究集会のあった夜は確か一桁でした。)しかなく、そこには我が社の名前はありません。仕方なく、「ウェスタ」で検索したら、「正社員、次代を担う幹部候補生」とか、「契約社員、家庭の状況により働き方を選べます」とか、ばっちりと載っていました。

 当社は、男性主導の不動産業界で女性の能力を生かすことを目指して創った会社です。再就職、転職を考えている女性たち、宅建は合格したけれど年齢オーバーで就職先が見つからない女性たちに当社のホームページを見てもらえるよう、早速、ホームページの募集のページに、「社長以下、全員女性の会社です」の文字を加えました。



kumie62 at 22:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!その他 

2005年10月29日

産学共同経営研究集会

25069f7c.jpg

 立教大学キャンパスで、東京中小企業家同友会と立教の産学共同経営研究集会がありました。産学だけでなく、東京都と近隣の区にNPOも加わって、産学+公+地域の共同研究集会です。ダイエーCEO代表取締役会長の林文子さんの基調講演が人気だったのか、同友会のみなさんのお力なのか全体集会の参加者は1400人だったそうです。

 お話の内容は、前にこのブログで紹介した林さんの近著、「失礼ですが、その売り方では、モノは売れません」に書かれたと同じように、高校卒で東レに入社した頃からBMW東京の社長就任までのお話なのですが、周辺の出来事が加わっているせいか、彼女のお人柄のせいか、本よりずっと面白く、分科会で報告したIT関係で上場を目指す若い男性の経営者に「涙が出た」とまで言わせていました。

 14の分科会も盛況、交流会も賑やか、Team幻の大江戸東京音頭も大好評、Team幻の子供たちと会場の皆さんが輪になって、昔の東京音頭の振りで大江戸東京音頭を踊って終了しました。



2005年10月28日

全ては外部要因ではなく内部要因

980ecc4f.JPG

 今日の(社)日住協の勉強会の勉強会は株式会社東栄住宅社長の佐々野俊彦氏の「本音で語る私の経営哲学」でした。

 同社の創業は昭和26年とありますが、昭和54年に資本金30万円の会社を一人で引き受け、平成14年に1部上場させ、今日まで成長させたのが佐々野社長なのだそうです。いろいろお聞きできましたが、特に印象に残ったのは、「全ては外部要因ではなく内部要因、問題はで外で起こっているのではなく、問題の原因は社内にある。」ということでした。そして、「唯一の外部要因はバブルの崩壊。崩壊時点の在庫は205億、それを即売ってしまうもの、翌年に売るもの、最終処理でいいものに分け、3年で売り切った。初年度平成4年決算では10億の損切をしたけれど、5億の税金還付を受け、平成5年、6年は利益は出す程度の損切で収めたそうです。あれから10年以上地価は下がり続け、ようやくここで下げとまった感ありです。あれだけ大きかった外部要因による損害をたった3年で損切した決断は凄いですね。



kumie62 at 20:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!その他 

2005年10月27日

レーベンハイム青砥クレフォートのチラシができました

青砥  本日、レーベンハイム青砥クレフォートのチラシが新聞に折り込まれます。モデルルルームの写真を使ったチラシです。19畳という広いリビングを表現できる写真になっているでしょうか。。。。ファミリータイプの新築マンションが2868万円よりです。この数字も目立っているでしょうか。。。。「たくさんお客様が着てくださいますように。」担当社員たちが知恵を絞って作ったものです。

2005年10月26日

青山まつり写真集

青山まつりのアルバムをアップしました。写真を撮れていなかったチームのみなさん、ごめんなさい。

 



2005年10月25日

孫の翔翼です

kickoff 孫の写真が届きました。何かの雑誌に掲載されたそうです。中高生向けでもアメフトの専門の雑誌があるんですね。

 孫は平成元年生まれです。6年生のときに、母親(次女)の留学についてアメリカに行き、そのままアメリカで育っています。「高校は日本に帰って、日本の風土の中でっかりと勉強させないと日本では生きていけなくなる」と子供たち(次女の兄、姉)に忠告されたのですが、アメリカのハイスクール生活に馴染んでいる子供を強引に日本に連れ戻すだけ、今の日本の高校の実情にも自信が持てなくて、そのまま母子でアメリカで暮らしています。こういう楽しそうな写真を見ても、これでいいのかなぁ。。。と考えてしまいます。



kumie62 at 07:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!その他 

2005年10月24日

新聞1ページ全段を占領

0177d07e.JPG 週刊住宅新聞10月24日号に、NPO不動産女性会議出版の「夢を実現した女性経営者達」の中の対談のダイジェスト版が掲載されました。記事の下段には本の広告と一緒に、NPO主催のセミナーの告知もあり、新聞一面全段がNPO不動産女性会議の宣伝になっています。株式会社ウェスタの3周年記念に開催した不動産セミナーがきっかけでできたNPOですから、8年続けてきたことになります。思うほどの活動はできていないのですが、それでもやっぱり、継続は力なのでしょうか。

2005年10月23日

伊東瓶山の茶房甘味処「秀在」

伊東

 ご相談を受けた土地を見に伊東市瓶山に行ってきました。伊東駅まで歩いても20分程度のところの高台の別荘地です。温泉は飲んでもいいお湯で湯量も豊富で台所の給湯も温泉を使っていました。300坪くらいの分譲地で、市街地に近いので住んでおられる方も多いようで、売却されると4宅地くらいに分割されてしまいうようです。

 歩いていましたら、茶房甘味処「秀在]の看板を見つけました。古い別荘に手を入れた落ち着いた雰囲気のある家です。営業しているのかなぁ、と入って行くと、先客が1組いらして、食後のコーヒーをいただきならが伊東の海の眺望を楽しんでおられました。昼食時間はだいぶ過ぎていましたが、私たちも精進天せいろ蕎麦をいただきました。仕事の途中、思いがけず贅沢なひと時でした。

 主は袴姿、奥方も和服でお世話くださっています。3年前に、ご主人がリタイアされて、あざみ野(川崎)からこちらに転居し、お店を始めて1年だそうです。眺望が素晴らしいのですが、お庭もいい。夜は、予約で京都のおばんざい風なお食事ができるそうです。近くにホテルもたくさんあります。伊東にいらしたら、是非、「秀在」に寄られることをお勧めします。写真がよく撮れていなくて残念ですのでホームページを見てください。



kumie62 at 23:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!その他 

2005年10月22日

毎日新聞で紹介されました

b947fba3.gif   10月16日の青山まつりのパレードの大江戸東京音頭について、毎日新聞で紹介されました。 来年も続くお祭りになりそうですね。

2005年10月21日

亀も空を飛ぶ

b3c314d3.jpg

 イラク戦争を舞台にした映画です。クルド人の子供たちの悲惨な戦時下の物語なのですけれど、いろいろな村を流れ歩いて知識のある孤児の男の子が、戦況も分からずなすすべもない村の大人たちアドバイスし、パラボナアンテナを立てて衛星放送を受信できるようにしてあげたり、子供たちを仕切って地雷除去を依頼する地主たちとの交渉したり、子どもたちが掘り出した地雷を売る価格交渉をしたり、その利発なよそ者のリーダーを子供たちが慕い、危険な仕事でわずかな現金収入を得て、しっかりと生きているのです。
 利発な孤児の男の子は、ハラブジャから来たという赤ん坊を連れた難民の兄妹の妹に恋をします。かたくなに心を閉ざす少女、妹と赤ん坊を守ろうとする両腕のない兄。その兄も現金収入を得るために、口を使って地雷の芯管を抜いています。

 戦争映画だけれど、戦闘場面は少女のつらい回想シーンだけ。抒情詩のような映像が、世界中の家庭のテレビに映し出されたあのコンピューターゲームのような戦闘の下の庶民の現実を伝えてくれています。両腕のない兄妹の兄も、地雷でなくした片足の代わりの一本杖を使って走り回ってリーダーの手伝いをする少年も、イラクの普通の子供たちから選ばれたのだそうです。亀も空を飛ぶ」の上映は岩波ホールです。



kumie62 at 23:26|PermalinkComments(0)TrackBack(1)clip!その他 

2005年10月20日

バレンタイン監督には「選手の鼓動が聞こえた」

6cbd4b8d.jpg

 千葉県知事堂本あき子さんのメルマガ"なの花日記”からの抜粋です。

「驚いたのはバレンタイン監督が外の音を遮断するコードレスのヘッドホンを選手に配って自分の内面の声に耳を傾けるようにと言った話。

 バレンタイン監督には選手の鼓動が聞こえたそうです。本来、禅とか瞑想はアジア的な世界。なのに日本人はそうした精神性から遠のき、アメリカ人監督がその部分を大事にしていることを知って考えさせられるものがありました。」

タイマーで切れるようにセットし、たいして面白くもないテレビを見ながら寝るのが睡眠導入剤になってしまっています。禅とか瞑想は遠い私の日常。。。。。とちょっと反省です。バレンタイン監督の写真はasahi.comのマイタウン千葉のブログより



kumie62 at 06:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!その他 

2005年10月19日

達真先生の朝妻船

9a7b0691.jpg

 昨日は、国立劇場小劇場で、大江戸東京音頭を振付けていただいた花柳芳次郎先生の舞踏会がありました。昼の部は芳次郎塾(芳次郎先生の振付けた踊りを直伝する教室、流派を超えて全国から舞踊家が集まっている)の卒業公演を兼ねたもの、夜の部は花柳寿輔(家元)も主演される華やかな舞台でしたが、大江戸東京音頭の指導ビデオを撮らせていただいた花柳達真先生の踊りを拝見したいので、昼の部にしました。

 達真先生の演目は「朝妻船」、朝妻の里(琵琶湖東岸)の舟女をモデルにした江戸時代の画家、英一蝶(はなぶさいっちょう)の絵を舞踊化したものだそうです。歌舞伎で演ぜられる踊りで衣装がたいへん重く、女性が踊るのは重労働なのだそうです。達真先生は大柄な方ですから女形は意外でしたが、堂々とした貫禄の踊りでありながら、初々しさがありました。残念ながら、写真撮影は禁じられていましたので達真先生の朝妻船はご紹介できませんでした。上の写真は羽子板のホームページから借用した朝妻船です。



2005年10月18日

中小企業のM&A

2d3fb44b.jpg

 今月のSPSB研究会のテーマは「M&A」。講師は立教大学OBの株式会社日本M&Aセンターの福井順氏でした。同社は創業15年、全国の有力な税理事務所、会計事務所、金融機関の出資により設立され、全国に150のM&Aセンターを持ち、譲渡企業と譲受企業の仲人(仲介手数料は双方から)をしてきたそうです。

 企業名をオープンした事例1件、オープンなしの事例3事例の実情をお話いただきました。中小企業の場合、後継者不在でM&Aを検討することが多く、M&Aされた会社の従業員もハッピーになれ、テレビ取材された事例では、「会社は誰のものか?」という問いに「従業員のもの」と答えられる。。。。というような方向で取材されたそうです。

 同社のパンフレットを見ると、同社の社長が理事長でNPO日本企業再生支援機構というNPOがあるようです。問題を抱えた中小企業のM&AはこのNPOが関与して問題を解決してから、M&A会社に引き継ぐということなのでしょうか。



kumie62 at 01:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!その他 

2005年10月17日

少子高齢化時代はカモメのように・・・・・アンチエイジング

a01ab845.jpg

 ロータリーの卓話はDr.久保隆之の「アンチエイジング治療について」でした。経歴から推察すると40才にはおなりかと思われますが、お見受けしたところ、34.、5才でしょうか。35才のころ体力の衰えを感じ、以来、アンチエイジング理論に基づいて、自分を治療観察し続けており、自身が自分のアンチエイジング治療の1号患者なのだそうです。その療法は、毎日水を2リットル以上飲むこと、適当なサプリメントを飲むこと(野菜ひとつとっても昔のような栄養はなくなっている)、有酸素運動をすること、だそうです。

 「カモメは子供のカモメも年寄りカモメもみな一緒に飛び続けている。真っ白い毛で覆われていることもあって、外見では歳を推測することができない。しかし、年寄りカモメはある時ぱたっと海の上に落ちて死んでしまうらしい。人間の場合も寿命に達する直前まで元気に生活していながら、ある時心臓が止まっていつの間にか死んでいたというのが理想。人間は120才まで生きるようにデザインされている。少子高齢化の時代、若者世代に重い負担を負わせないためには、体に悪いことをせず、いいことを積極的に取り入れ、生活習慣病などにかかって苦しい闘病生活を経て死ぬようなことは避けねばならない」のだそうです。上記の「外見では歳を推測することができない。」がポイントなのでしょう。Dr.久保が開業した「銀座CUVOクリニック」は美容整形クリニックでした。



kumie62 at 23:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!その他