2006年01月

2006年01月11日

ホテルの朝食

8f07bcea.jpg

 泊まったのは豊橋グランドホテルです。昔は皇室の方が泊まられたこともあるのだそうですが、今は、主にビジネスホテルとして利用されているようです。

 朝食は無料で、パン、ゆで卵、コーヒー、牛乳、ジュースがいただけます。胡桃やイチジク、ゴマの入った小さなパンがとてもおいしい。朝から豪華なバイキングは重すぎますので、こういうサービスはいいですね。ちょっと古いですが、駅に近くお勧めです。



kumie62 at 20:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!その他 

2006年01月10日

初めての豊橋

1cee9ef5.jpg

 営業会議を終えてから、中部ガスグループのインターネット関連の仕事もされている会社の方を訪ねて豊橋に行きました。冬の富士山もいいですね。あわただしい時間をやりくした出張ですが、ちょっと旅行気分になれました。

 

 

豊橋駅前通り 豊橋は初めてです。新幹線の駅では最後にきれいになった駅だそうですが、駅前通りは、道幅が100メートルのあります。新幹線が入るということで区画整理したわけではなく、ずいぶん古い頃、某設計家(お名前をお聞きしたのですが。。。)の強い意志で、こういう道を造ったものが、今の時代に相応しいものになったということだそうです。

 大連市に満州国時代に日本人が建てた駅社、ホテル、裁判所等が今もそのまま利用されているのは、先に占領したロシアが道幅の広い街を創ったおいたから、区画整理が必要なかったことが大きいでしょう。



2006年01月09日

年賀状いろいろ

83217b52.JPG

 今年は愛犬が登場する年賀状が多いようでした。写真の年賀状は大江戸東京音頭の振付指導ビデオの撮影、編集をしていただいた有限会社バックアップサービスの香川さんからいただいた夫人とジュリアの3名連記の年賀状です。

 「謹賀新年。。。。。あらゆる他者を尊重すること、力によらない議論と忍耐に基づく解決と言うのが法曹の日常です。この日常が世界に通用するパラダイムの変換を!と考えるのはナイーブ過ぎるでしょうか。希望を捨てずに信念を迎えていきたいと思います」このワープロの文章だけの年賀状は弁護士の秋田一惠さんです。

 将門webマガジンで、萩原さんが新しいブログ「ポッドキャスト将門」を開設したというニュースです。音声ブログです。アドレスのshomonをはずしてみたら、ケロログというサイトに繋がりました。ブログの世界もどんどん進化しているのですね。将門webマガジンのお申込みはhttp://shomon.net/osirase.htmです。



kumie62 at 23:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!その他 

2006年01月07日

年賀状で知りました

福村さん 畳の上での生活が減りつつある今、住宅における座敷は、接客を目的としてつくられる場合がほとんどかもしれません。
 こんなとき、ここぞとばかりに銘木や高価な材料を用いるのは垢抜けないと思いますし、かといってあまりくだけた意匠では、接客の場としてはふさわしくないこともあります。清潔感、品格、そんなイメージを大切にしてデザインするように心がけています。
 ところで同じ接客でも、和食店などの店舗の場合は少し異なります。大いに遊び心を発揮し、華やいだ、あるいは艶やかなデザインのほうが、目的に叶っていると思います。

 上は福村眞澄さんのホームページからです。彼女からの年賀状に新しいホームページのアドレスがあったので、覗いてみました。千葉大の建築学科から芸大の建築に移った建築士です。穏やかな笑顔の賢い女性でしたが、彼女の作品を見てはいませんでした。ホームページを拝見して、ああ、ああいう女性がこおいう仕事をされるのだ。。。。。と納得でした。

 ブログもありました。耐震構造についても彼女の考えが書かれています。11月を見たら写真の配置が普通のブログとは全く違います。ブログでこういうこともできるのですね。ブログ方式によるホームページも何とかできそうですね。

 



2006年01月06日

仕事はじめは氏神様にお参り

神田明神1d3d97320.jpg

  当社の営業担当社員たちは、毎年仕事初めに神田明神にお参りします。神田明神は三が日を過ぎると晴れ着姿もなくなり、ビジネススーツの男性ばかりになります。もしかして?なんて感じの黒服集団もあります。神田明神には、一宮は「だいこく様」、二宮は「えびす様」、三の宮は「将門公」をお祭りしているそうですが、仕事初めは、やっぱり商売繁盛のえびす様参りなのでしょう。

 つくば豊里の販売センターの仕事初めも、筑波神社のお参りでスタートします。筑波神社は筑波男ノ神(いざなぎ)、筑波女ノ神(いざなみ)が祭神で、 縁結び、夫婦和合の神様なのですが、売主と販売会社の社員が一緒に願うのですから、商売繁盛!ということになります。



kumie62 at 08:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!その他 

2006年01月05日

今日から新年仕事始め

 2日からオープンしている現地もありますし、4日から出勤している社員もいますが、当社は水曜が定休日ですので、会社としては本日から仕事はじめです。

 私の自宅のコンピューター環境は、アナナログ回線、ウィンドウズ98、画像を読み込むことできずで、結局、ブログもお休みし、完全な休暇になりました。

屠蘇、重箱 以前はお正月は賑やかでしたが、子供たちが大人になり、海外に生活拠点を持ってしまった子供、子連れで留学中の子供、元旦からハワイに行くという子供もいて、今年は、大晦日の年越し蕎麦と元日のお雑煮だけ、日本にいる子供たちと祝いました。

 

 

観音様 3日には、大江戸東京音頭仲間の(有)パルホームサービスの田尻さんと田尻さんの友人の3人で、浅草に行きました。すし屋通りの蕎麦や「十和田」の女将、冨永さんに年賀のご挨拶を兼ねた初詣です。女将さんにはTX開通記念のイベントに大江戸東京音頭を推薦くだささっただけでなく、内閣府作成のビデオに当社を推薦くださったのも女将さんなのです。

  伝法院通り三が日の浅草はたいへんな混雑です。TX開通の効果もあるのではないでしょうか。観音様のお参りは遠くから手を合わせてすませ、混雑していない通りをあ楽しみました。伝法院通りのお店は古いお店を建て替えず改修しています。屋根瓦も看板も二階の窓も手すりも。。。。時代劇のセットのよう。

 大道芸人に出会えたのはその伝法院通りの馬道側の出口辺り、ここまで来大道芸人ると人ごみがきれ、立ち止まれるだけの余裕ができています。混雑しているだろうと、昼時を避けて伺ったのですが。十和田さんは2時半を過ぎてもお客様が店の外まで行列していました。



kumie62 at 08:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!