2006年12月

2006年12月23日

新年はホームページも新しく

b0fbec42.gif新生ウェスタのホームページがほぼ完成に近い段階まできています。
プロのカメラマン、ライターにより販売現場のスタッフを取材していただき、ホーむページに来てくださった方にウェスタのシステムが分かっていただけるよう纏めていただいています。
新年に間に合わせて完成します。
正月明けに求人募集の結果が楽しみです。

新しいロゴも作りました。
今までのVは力強いでしたが、今度の垢鰐動感のあるVですね。
とてもいいでしょう。

新年の新スタートを楽しみにしながら、私は一足早く正月休みをいただいて、クリスマスはアメリカの孫たちと過ごさせていただきます。
娘、孫たちとお正月を過ごすのは何年ぶりでしょう。
でも社員たちはまだまだ忙しいのに、申し訳ない!





kumie62 at 05:51|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!その他 

2006年12月21日

これって、アファーマティブアクション?

役所の担当部署より
「来期も中小企業融資制度の審議会の委員長をお願いしたい」
という電話がありました。
この委員会は融資案件の審査をしてきたのですが、財政難から利子補給制度がなくなり、新規審査案件はなく、今年は委員会は一度も開かれていません。

「委員に女性の比率を増やせ」
「できれば委員長にも女性を」
ということで、開店休業の審議会の委員長が女性に廻ってきた。。。。

でも、お断りしないことにしました。
委嘱状をいただくセレモニーで、
「都市計画とか高齢者福祉とか私の専門を生かせる分野でも地域のお役に立ちたい!」
って発言させていただきましょう。。。。

2006年12月20日

NPO不動産女性会議理事会開催

株式会社ウェスタ同様、NPO不動産女性会議も私が設立した法人です。株式会社ウェスタの社長を譲ったようにNPOも副理事長にお任せしようとしてきたのですがそうはいきませんでした。

理事長といっても零細なNPOの場合は事務局長兼雑務係です。非営利組織で事業計画も予算執行も理事会、総会の審議に縛られますから権限らしい権限もありません。そういう役目なら、責任の重い社長業を譲り会長職になった私が続けるのがいいのかもしれない。。。。。ということで、NPOの方は引き続き理事長を勤めることになりました。

「やらねばならぬ」はなしにして、やりたいことをやればいい。そして、「やりたいことをやろう」と行動する会員がいなくなった時は解散すればいいでしょう。会員にとっても、理事、理事長にとっても無理のない運営をしたいと思っています。




2006年12月19日

都心部のマンションの価格

昔の仲間と、昔、販売したマンションの話からそのエリアの今の相場の話が出ました。
「400万円(坪単価)以上、500万円もあり得る」
という話になりました。
そんなに高いの?と思いますが、思い返せば、バブルの当時担当したプロジェクトは坪単価1800万円でした。マンションとは言いにくい小さなプロジェクトで2000万円もありました。値上がりしているとはいえ、せいぜい、当時の三分の一ということになります。庶民の住宅が高くなり過ぎるのは問題ですが、都心部や郊外でもそのエリアのランドマークになるようなマンションがもう少し高くなるのは経済の合理性から自然なのでしょう。




2006年12月17日

久美恵姉さん会いたいです

272df4ff.jpg漁亭2






「久美恵姉さん会いたいです」
ってメールが来て、甥のお店で従弟とデートしました。
今朝一番で、
「楽しかったです。元気になりました。」
とメールをくれました。

幼いの頃の10才の年の差はとても大きく、会話らしい会話をした記憶などないのですが、60才を中にした10才の差は、ちょっとだけの先輩、後輩になっています。

開店したばかりで心配していた甥の店≪漁亭AJITOも満席で賑わっていました。

kumie62 at 11:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!その他 

2006年12月16日

お取引先の忘年会

某デベロッパーの忘年会での社長さんの挨拶です。
今年、問題になった業界の不祥事を取り上げ、
「自社ではありえないと思ってはいけいない。適法と思ってやってきたことが適法でないかもしれない。目の届かないところで見落としがあるかもしれない。労働基準法の遵守も含め、気を引き締めていかなければならい。」
と話されました。
数日前の業界の酒席で、
「知事にもなれば7000万円くらい(賄賂を取れるくらいの権力があって)いいだろう。そんなことで大騒ぎするマスコミが悪い!」
と言われ気が重くなっていたところでしたので、お取引先のトップの姿勢にほっとしました。


2006年12月15日

チームごとに忘年会

fa7e983e.JPG新宿のベトナムアリスでハウジングアドバイザーの皆さんとの忘年会第一弾(チームごとの開催)がありまいた。お手ごろ価格でおいしい。店内満席でした。

私の右隣の席の社員は不動産販売会社を定年退職して当社に来てくれた社員です。4年半パート社員として勤務の後、フルタイム社員になって2年半になります。
「営業が好きなら年齢は関係ない」を身を持って教えてくれている貴重な人材です。

斜前は今年入社の社員です。不動産営業では大手企業で十数年の経験があります。お子さんが大きくなったので、正社員を希望して当社に来てくれました。

その隣はパート勤務社員です。そろそろ末っ子の手がかからなくなるのでフルタイム社員になることを視野に入れながら、現在は週3から4日勤務です。1〜2年後には中堅社員として活躍してくれると期待しています。

今日の店を選んで幹事役を引き受けてくれたアドバイザーは、自身の身内、夫君の身内の看病が重なってたいへんな状況ですが、調整をしながら働いてくれています。

家庭を持てばいろいろありますが、それぞれの状況にあわせた働き方を選択できるところが当社の特徴です。

2006年12月14日

残業は避けられませんが。。。。。がネックだったのか?

最近知り合った若者が当社のホームページを見て驚いたと言います。
求人募集の勤務時間のところに、
「残業は避けられませんが。。。。」
と書いてあることだそうです。

残業はあるけれど、チームワークで極力少なくするよう工夫している、って書いてあったでしょう?」
と訊きますと、彼は、
「就職活動でたくさん会社の求人欄を見てきたけれど、残業があるなんて書いてある会社はなかった。でも、どこの会社だって残業させられている。」
と言います。

販売センターを定時の午後5時半で閉めるわけにはいきません。
7時までのことも8時までのこともあります。
お客様のご都合で8時から契約ということもあります。
でも、子育てが終わって帰宅時間に縛られなくなった社員が子育て中の社員をカバーしたり、遅くまで勤務した翌日は、誰かに午前中の仕事をカバーしてもらい午後出勤をしたりしています。
よほどのことがないかぎり、週休2日も確保しています。

そういう状況を
残業は避けられませんが、チームワークで。。。。」
と表現したわけです。
でも「残業がある」
の印象が強すぎて、応募者検討者の意欲を削いでしまっているのかもしれません。
そのために、求人募集をしても応募が少ないのでしょうか。

いい人材がほしい!さぁ、リニューアル中のホームページにはどう記載したらいいでしょうか。



2006年12月13日

動画で見る100人の村

dbfd1acf.jpgもし、世界が100人の村だったら。。。。
ミクシの某氏の自己紹介のページで見つけたサイトです。
サイドバーのリンクにも加えました。







kumie62 at 11:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!その他 

2006年12月11日

SPSB会のクリスマス会

クリスマス立教大学OBの不動産業者を中心にした集まり<セントポール生活文化研究会>のクリスマスパーティが盛大に開催されました。
他大学からのお客様も含め、やっぱり男性ばかりです。

会費6,000円のところ女性は2,000円です。
アルコール量が少ないということで「若干安い」はあってもいいでしょうけれど、2,000円というのはどうでしょう。パーティ参加者だけ女性を増やすのではなく、女性が働きやすい業界の環境づくりが必要なのですが。。。。

子供の声を30年、渡辺道子さん

渡辺今日のロータリーの卓話は、以前会合でお会いし楽しみにしていた野村道子さんでした。
サザエさんのワカメちゃんの声を30年やっていらした方です。
長寿番組で出演者が高齢になりリニューアルすることになったそうです

昔はテープを編集する技術がなく、失敗するとはじめからやり直しになる。子供を夜まで働かせるわけにはいかず、子役の声を大人がやることになったそうです。
結婚、出産、育児。。。自身の暮らしの変化も、世の中の変化も受け入れながら当然のこととしてさらりと仕事をし続けてこられた。。。。。素敵な女性です。

夫君と経営している声優養成学校スクールデュオのトレーニングに大江戸東京音頭も取り入れてくださるそうです。

2006年12月09日

視察ツアーでベトナムに行ってきました

オートバイオートバイ2






(社)日住協の視察ツアーです。ツアーのタイトルは〜BRICSに次ぐ新市場の潮流に触れる〜「ベトナム不動産金融視察」です。
あのベトナム戦争(1960年〜1975年)後に生まれた世代が人口の半分を超え、ハノイもホーチミンも道路という道路はオートバイの洪水。。。。若いエネルギーではち切れそうな街でした。
たくさん写真を撮りましたので、ブログの日付けを実際の日付けにしてアップします。

2006年12月08日

ベトナム視察АACB銀行訪問

43002430.JPG最終の訪問先はAsia Commercial Bank です。
ドイモイ以降、民間でも銀行経営が可能となった。ACB銀行の資金量は4位、民間銀行中では最大の銀行で全国に100支店を持っている。
先方は同銀行の会長(男性)と外国企業担当部門の部長とアシスタント(2人とも女性)、会長はベトナム語、予定を変更してガイドさんが通訳も担当することになり、添乗員さんが女性部長に英語で確認して曖昧なところを補足。
日本側よりの
「不動産価格が高騰しているようだけれどバブルで崩壊の心配はないか?」
との質問に
「現金買いがほとんどでありバブル崩壊はない。借入金で不動産を購入した日本の場合は状況が違う」
との答え。
「銀行は土地の購入に対してどのくらいの融資をするのか」
については
「相場の70%(英語では60%)」
融資期間の5年から10年、これを伸ばして最長15年にしたが、ベトナムの一般国民の所得は低く、15年返済でも返済可能な金額ではない。現状では一般市民は不動産融資の対象にはない。
同行の融資先は、企業への出資、株式購入、事業資金の貸付であり、不動産購入への貸付は多くはない。

戦争証跡博物館

被害午前中で視察スケジュールを終え、午後は戦争博物館の見学です。独立宣言をするホーチミンさんの写真の前でガイドさんの説明があり、その後、集合場所、集合時間を伝えて自由見学です。政治色は出さず、でもこれだけは聞いてほしいというガイドさんの思いを感じました。


展示室子供たちの絵ソンミ村大虐殺、子供たちを連れて川を渡る母親など、昔何度も見た写真が展示されています。同じ部屋に平和を願う子供たちの絵も飾られています。



観光客虎の檻拷問されている模型がある虎の檻もギロチンの部屋もあります。何度も報道されてその惨さを覚えていますので、こちらはパスさせてもうらうことにしました。



戦争博物館ヘリ外国人観光客も多く、米軍が置いて逃げた戦車やヘリコプターなどの前で写真撮影をする金髪の若者もいます。
ベトナムは仏教徒が90%だそうです。穏やかでしなやかでしたたかなベトナム人の生き方が、紛争を乗り越えていく人類の知恵なのかもしれないと思いました。

kumie62 at 04:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年12月07日

ハノイより飛行機で2時間南のホーチミン市へ

サイゴン大教会ホーチミン市は南ベトナム時代のサイゴンです。現地のガイドさんはサイゴンは植物の名前だと説明していますが、ハノイのガイドさんはサイゴンは西貢でヨーロッパに貢いだ町という(屈辱的は)名前だったという説明でした。wikipediaではサイゴンは柴棍とありますから、植物名というのが正しいようです。

午後の視察の前に1時間ほどの時間がありサイゴン大教会(聖母マリア教会)の観光です。ベトナムのフランス建築の代表的なもので、ゴシック造りの荘厳なものです。「レンガはフランスから運ばれた良質なもので、今もきれいな赤色をしている」とガイドさんの説明です。
サイゴン大教会の左に同じ頃建築された中央郵便局があります。内部もとても凝った建築です。正面にホーチミンの肖像画が掲げられています。フランス統治時代は丸い大きな時計がかかっていたそうです。ここは現在も郵便局として使われており、市民へのサービスとして土日営業し月曜日が定休日だそうです。

郵便局ホーチミン像が掲げられた内部