2007年03月

2007年03月31日

春・うえの・桜 表慶館でハープコンサート

fe7dd4dd.jpg今日は3月末日、社員たちはみんな忙しく働いています。申し訳ないな、と思いつつ、仕事を早めに切り上げて春爛漫の上野の山を楽しみました。

今日のメインスケジュールは松岡みやびさんのハープコンサートです。会場は国立博物館内の表慶館、明治末期を代表する名建築、国の重要文化財でのコンサートです。
写真のドームのホールで、聴衆は140人程度、ハープの演奏を楽しむだけでなく演奏するみやびさんの手が美しかったこと。

演奏会の前には東京都美術館で解さされているオルセー美術館展の鑑賞、演奏会の後は夜桜見物。。。。。



kumie62 at 22:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!その他 

2007年03月29日

我が家の桜も咲きました

借景です。
例年は東京より少し遅いのですが、
今年は差がないようです。

32






1a4f9b880.JPG

kumie62 at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!その他 

2007年03月26日

御茶ノ水から御徒町へ本社移転

54c996ad.JPG社長を世代交代して半年になります。新社長体制になり、
ロゴマークを変え、ホームページをリニューアルし、いよいよ、新社長の自社ビルにウェスタも引っ越すことになりました。

ロゴマークやホームページは社員たちと一緒に検討しましたが、事務所の内装については新社長にお任せしました。

というわけで、引越し当日の今日、初めて新オフィスを見たわけです。
ロゴに使った赤を椅子の背、会議室のドアに使っています。
元気になれそうな品のいい≪赤≫です。
女性たちとやっていこう!というビルオーナーとしての新社長の歓迎の気持ちと受け止めました。
事務所2jimusho3

2007年03月25日

おおたかのもりショッピング・センター

3b80cedc.JPGおおたかの森1つくば豊里の杜に行った帰り、3月12日にオープンしたおおたかの森ショッピングセンターに寄りました。つくばエクスプレス東武野田線の乗り換え駅、「流山おおたかの森駅」前です。

 シネマ、フィットネス、カルチャー、ロフト、高島屋ブランドのデバ地下、イトーヨーカ堂ブランドの食品館、備えたショッピングセンターです。キッズ写真館、キッズレストラン、キッズ料理学校(食の勉強、調理、会食)キッズ英会話等々もあります。
 レストラン街は何処の店の前も順番待ちの列があり、店内放送では帰りの車のラッシュ時間の対応についてのアナウンスがされていました。

 おおたかの森駅はオオタカが生息する貴重な森を壊してTXを開通させたところに造った駅です。「オオタカを絶やさないよう、残った森を大事に守ろう!」という思いを込めて≪おおたかの森≫と名づけたのだと聞いていましたので、いきなり大型商業施設ができ、大勢の人や車が集まる駅になっているのにはちょっと戸惑います。

2007年03月24日

海を渡ったお雛さま

ab0e677d.bmpバークレイに住む孫のひなまつりの写真が届きました。
雛人形は娘のものです。一昨年、私が手荷物で持って行きました。
去年は、取り合えず内裏雛だけ飾っていましたが、
今年は、三人官女、五人囃子も箱から出してもらえたようです。

母親の中にお琴の先生がいて演奏をしてくださったり、
何方かがちらし寿司を作ってくださったり、
お雛さまをきっかけに、日本人のお友達の輪が広がったようです。
娘たちが二人とも外国暮らしになり、
長い間、納戸から出してあげてなかったお雛さまが、
地球の向こう側で命を吹き返して愛でられている。
うれしいですね。



kumie62 at 22:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!その他 

2007年03月23日

港区のマンションが買えない

88dfaf64.JPG結婚を控えた知人の娘さんが港区のマンションの購入を検討しているが、商談順位16番で買えないそうです。娘さんは外資証券会社勤務、彼女の年収は国立大学教授のお父様の年収の5倍だそうです。

3月22日、2007年の地価の公示価格がは発表されました。東京23区は全調査地点で上昇、特に港区は27.2%も上昇しています。港区のマンションが買えないカップルの話と重なります。2割、3割上がっても、買える層がたくさんいるわけです。

高収入層は増えているけれど、単純労働の時給は下がっているようです。
アパートの家賃が払えなくなって、ネットカフェに泊まって日銭払いで暮らしている人が増えている。おかしいですね。。。。


2007年03月22日

総和地所上場パーティ

15f3407f.JPG2月9日にJASDACに上場した総和地所さんの記念パーティが帝国ホテルでありました。
東京の桜は開花宣言したばかりですが、パーティ会場の桜は満開です。
桜は入学、就職を祝う4月の花。
上場は終点ではない。新たなスタートという意味を込めたそうです。

2007年03月21日

日高屋でNPO会員の懇親会

d44090cb.jpg不動産女性会議というNPOの理事長をしています。不動産業界はあまりにも男社会なもので、螢ΕД好燭鯀篭3周年記念の感謝のイベントとして
「この業界で活躍している女性のお話を聞いて元気になろう!」
と、「不動産女性会議」というセミナーを開いたものが前身です。

曙橋の日高屋の2階でそのNPOの会員たちの懇親会をしました。
新入会員が買ったビルのテナントが日高屋さんです。若い会員の投資物件をネタに、母親世代の先輩たちがわいわいがやがややったわけですが、この物件の購入を決断した娘のような会員の不動産に対する冴えたカンに、うれしくなったからこそのわいわいがやがやでした。

それにしても日高屋さんはお安い。一品料理をずらーっと並べ、アルコールもおかわりして、ひとり1,300円でした。

イチゴ大福訪問のお礼に、彼女から「いちご豆大福」のお土産をいただきました。
いちご豆大福は曙橋の大角玉屋が元祖だそうです。納得のおいしさでした。


2007年03月18日

東京中小企業家同友会50周年記念総会

50周年総会東京中小企業家同友会は、1956年(昭和42年)、東京の中小企業70社でスタートしています。50年を経て、参加企業は約4万社(平均従業員数の30人、資本金1,500万円)の全国組織になっています。

十数年前に、女性活用についてのすばらしい事例発表があると勧められてこの組織の全国大会に出たことがありますが、左系政治色の強い団体だと判断し距離を置いてきたのですが、ひょんなことから、一昨年の秋に入会しました。今も、どっぷりと入り込むというより、外から観察しているようなところがあります。

そこで、50周年を機に、ちょっと発足の経緯を確認してみました。
同友会のページからの抜粋です。

 敗戦後、日本経済復興の過程で、同友会の前身といわれる「全中協」(全日本中小工業協議会、のちに全日本中小企業協議会と改称)が、47年に結成された。

 当時は、占領軍による経済の民主化政策が実施され、財閥解体、農地解放が行われ、新憲法のもとで新しい国づくりが急ピッチで進められた。が、一方では極端なインフレが進行、国の政策は基幹産業の優先的再建を目的とする「傾斜生産方式」におかれ、中小企業は資材も資金も不足するという状況だった。しかも、国家財政が苦しいため徴税が強化された。

 そういう状況下で1956年に、日産コンツェルンの総帥・鮎川義介が日本中小企業政治連盟を創設し、日本の中小企業は狭い市場で過当競争にあえいでおり、この状態を克服するためには、同業組合を組織して過当競争を制限しようという目的で「中小企業団体法」(中小企業団体の組織に関する法律)制定運動を起こし、当時の中小企業団体に熱狂的に受け入れられた。全中協の多くのメンバーは中政連に合流したが、一部メンバーは

 「過当競争は一片の法律で解決するものではない。上からの命令で中小企業の自主性を抑える懸念があり、戦前の官僚統制へ道を開く危険性がある」
と反対し、団体法の道でなく、中小企業家の自主的な努力と団結の力で中小企業の自覚を高め、中小企業を守り、日本経済の自主的で平和的な発展をめざす」

 ことこそ中小企業運動の本命であると考え、1957年、東京で日本中小企業家同友会(現東京中小企業家同友会)を結成、新たな中小企業運動への出発の起点を築いた。
 上からの官僚統制を嫌い、中小企業の経営と運動の自主、自立を堅持しようとした先輩たちの熱い想(おも)いがひしひしと伝わってきます。
 

kumie62 at 10:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!その他 

2007年03月16日

JRドア上広告≪フィンランドの奇跡≫

cf05fdb0.JPG秋葉原で総武線に乗ったら≪フィンランドの奇跡≫が目にとまり、一駅で下りるので急いでパチリ。
ぼやけている文言は
「家庭学習の時間は日本よりもずっと少ないのに、子どもの学力は世界一のフィンランド。その秘密は苦手克服の特別支援と、わからない子を出さない体制。自分で考える学習習慣を大切にしています。」
です。
進学塾の広告に使われるとちょっと違うけれど、公教育の使命は落ちこぼれを出さないこと。議論し合い、教え合いながら自分で考える力をつけること。


2007年03月14日

オール電化でいいのだろうか

20070313東京ガス今月の地域政策研究会では、会員でもある東京ガスの佐藤弘直さんの「やっぱりガスがあるから快適生活」でした。

オール電化マンションが増えているところにガス瞬間湯沸しによる死亡事故が重なり、「ガス会社の言い分も聞いてみよう!」というわけです。
ネガティブな話はしたくない、と言いつつも、オール電化の「売り」の特徴を否定するデーターを示しながらの熱のこもったお話でした。

このお話だけでガスか電気かを結論つけるのは難しいですが、電気は発電時熱エネルギー放出59%、送電ロス4%、差し引き37%しか家庭に届かないが、天然ガスは100%であるとあります。個人的に便利だからとガスを放棄する前に、地球レベルで考える必用がありそうです。
200703013東京ガス220070313東京ガス3

2007年03月13日

懐かしい思い出2

7794615f.jpgYRC野比駅に続いて金沢文庫駅にも懐かしい思い出があります。

昭和40年、金沢文庫の海岸にあった横浜市立文庫小学校の事務主事として採用され、1歳になったばかりの長男を金沢文庫駅のそばの保育園に預けて働いた時期があったのです。
当時、住んでいた鎌倉には公立の保育園(今は保育室だけ)はなかったけれど、横浜市は社会党の飛鳥田市政でけっこうな数の保育がありました。そこで、就職するなら横浜市内と決め、子連れで横須賀線通勤はきついので、バスで朝比奈峠を越えて横浜市金沢区に出ることを思いつき、朝比奈峠から金沢文庫駅までのバスの沿線にいくつかの保育園があることを確認し、バス沿線の小中学校を希望したのです。

最初の頃は鎌倉から通ったのですが、1時間に1本が2本のバスは不便だったもので、朝比奈峠を越えた釜利谷の農家の貸家に転居しました。まず、保育園のめぼしをつけ、保育園に近いところに職を求め、保育園と職場便利なところに住まいを確保する。職も家もないことを逆手にとった再就職でした。
文庫小学校に勤めながら長女を出産しています。
大きなお腹で長男を自転車に乗せて田んぼ道を走って通勤したこと、
校庭のすみに教職員互助会の海の家があり、お腹で海に入って長男とあそんだこと、
懐かしい思い出です。

でも、結核が完治して新しい仕事を始めるという夫を手伝うことになり、産休明けから半年足らずで退職しています。多くの人のお世話になり、産休中もお給料(税金です)をいただきながら、迷いもせずに退職してしまった。。。。忸怩たる思いです。

駅の写真はウィキペディァからお借りしました。

2007年03月12日

懐かしい思い出

野比駅京浜急行の海辺の町には思い出がたくさんあります。
野比海岸は、小学生の頃に夏休みを過ごしたところです。今はアルコール依存症病院になっている国立久里浜病院は結核療養所でした。

それから40数年後、子供の頃過ごした家があったあたりが開発されて16棟のマンションが建つというビックプロジェクトの予告広告が目にとまり、懐かしさにもあって、
「当社で売らせてください」
って、飛び込みで営業したら販売代理の受託に成功してしまい、驚いた上司から、
「○○の看板があったから仕入れられたんだからね」
と言われ、こちらの方が驚いて
「もちろんです。」
と答えたことも懐かしい思い出です。
私は子供の頃に幾夏かを過ごした辺りが懐かしく、即、行動してしまっただけで、同僚の男性を出し抜こうなどという感情は露ほどもなかったのですが、女性の活用を推進しているトップでも、登用した女性に想定外の大きな商談を纏められてしまうと、ついつい、つまらない反応をしてしまうのでしょう。

これは20年近く前の話ですが、今でも、
「女の営業は情報集め、情報の価値を判断し具体的な商談を纏めるのは男性」
と思っている方は多いですね。

この駅、昔は野比駅でした。
YRAは横浜リサーチパークです。
写真はウィキペディアからお借りしました。

2007年03月11日

三浦マホロバマインズ

21cb3d3b.jpg高知から羽田に戻った足で三浦海岸に行き、女性経営者の研修会に途中参加しました。
マホロバマインズは、25年前、たった数ヶ月ですが、私が不動産業界に再就職して最初につめた会社(マンションデベロロッパー)が事業主として開発したロジェクトです。宿泊施設を備えた大型研修センターを建てたことは知っていましたが実際に見るのは初めてでした。

宿泊施設は、各戸外廊下から入る2LDK、3LDKのマンションタイプの部屋です。キッチンもついていますが加熱調理用の電源は入っていません。個別の宴会場もマンション2住戸をひとつに改装しています。
大浴場は温泉です。研修のない宿泊利用も日帰り利用もあるようです。利用客に合わせて改装した結果なのでしょう。事業主だった会社はなくなっていますが、関係した方たちのお顔が浮かび、ちょっとうれしい盛況ぶりでした。

2007年03月10日

アンパンマンミュジアム

128698a4.JPG帰りの飛行機が午後便なので、ちょっと足を伸ばしてアンパンマンミュジアムに行きました。
やなせたかしのふるさと高知県香美市香北町にあります。
土讃線の土佐山田駅下車、タクシーで2,000円少しです。
バスもあります。
やなせたかし記念館以外、これといった観光、名所のない静かな田舎まちです。
高知からも空港からも遠いので、観光客は少ないようです。
建築家の知人が、
「建築設計的に面白いらしいから行ってみたい」
と言わなかったら、私も足を伸ばさなかったでしょう。
お奨めです。

アンパンマンホール階段2入り口ホールの広い階段の壁に本棚があり、その近くに丸い座布団状のデザインがされています。






階段通路よちよち歩きの子供くらいの高さなの像です。子供たちの目線で楽しめる工夫がいっぱいです。

kumie62 at 23:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!