2007年09月

2007年09月28日

高齢者介護の草分け四ケ所ヨシさんとポツダム看護婦

看護婦NPO法人不動産女性会議は東京ウィメンズプラザフォーラムに参加し、

日時:10月13日(土)10:30〜12:00、
テーマ:「介護の現場から見た不動産管理〜成年後見人制度と不動産業の役割」
で、シンポジウムを開催します。

 企画検討に際し、NPOの会員から、「介護の現場のお話なら四ケ所さんの施設の方がよい」と提案があり、四ケ所ヨシさんの自伝を送ってくれました。東京都町田市と千葉県君津市に高齢者介護施設や病院を経営する芙蓉グループの創業者です。

 ヨシさんは明治43年生まれです。看護婦養成所時代に世界恐慌が始まり、昭和6年、21才当時に待遇改善を求めた看護婦のストライキに参加したため、卒業証書はもらったものの就職ができず、アマゾンの開拓団の病院に赴任、以来、フィリッピン、台北、広東省、マカオ勤務を経て帰国したが再び南方への従軍が決まり、ジャカルタで終戦を迎えています。
 フィリッピン時代に四ケ所氏と結婚、第二子出産のため長男を連れて帰国途中、日米通商条約破棄でフィリッピンに戻れなくなり、夫妻は再会できないまま四ケ所氏は現地で招集され戦死されています。

ポツダム看護婦感動したのはジャカルタで終戦における彼女の活躍です。昭和20年5月、軍政監部総務部長の少将に呼ばれます。
「現在、ジャワにいる全ての日本人女性たちを日本に帰したい。その全権をあなたに託したい。」
 戦争の終結を告げる言葉は一言もなかったけれど、少将の意図を理解した彼女は、赤十字社の規定を思い出し、タイピスト、教員、店員その他数百名を看護婦に養成する提案をし、日本人女性の看護婦教育を行なうことになります。終戦の日が何時になるか分からないまま、看護婦教育が終わる前に終戦にならないよう焦る気持ちを抑えながら看護婦教育を完了し、後にポツダム看護婦と呼ばれる看護婦を誕生させ、四ケ所隊の看護婦は総勢560人の大所帯になります。敗戦により、看護婦たちも捕虜収容所に入ることになりましたが、9ヶ月の捕虜生活で全員無事に帰国できたそうです。
 著者あとがきに「豪胆にして緻密なヨシ存在があってはじめて可能になったこの事件は、ジャワ島の戦時記録の多数の書類の中には一片の記録も見当たらない。男性だけが表舞台だった時代の証左でもある。」とあります。

四ケ所帰国後、G級戦犯(マカオ時代、ポルトガル語を生かして諜報活動に協力)で東京を追われ、北海道でかつぎ屋、貸本屋、古本屋などをし、追放解除になり、昭和29年芙蓉診療所を開設、以来、高齢者医療、介護に情熱を注ぎ、97才の現在は、自身の企画した高齢者マンションで暮らしておられるそうです。

2007年09月25日

カリスマ大家さんの「空き室」見学会

e8ee9514.JPGカリスマ大家さんと言われている安藤泉さんの賃貸マンションに空室が出たのを機会に、NPO不動産女性会議のメンバーで見学させていただきました。

写真はリビングの壁です。
色がよく出ていなくて残念ですが、とてもセンスのいい配色です。
ちょっと汚れていたけれど、クロス全体を貼りかえるのはもったいないないからと、安藤さんが考え、デザインしたものです。

東京都方式の定着で、借主の負担で壁紙や絨毯を新しくするという風習がなくなり、経年劣化は家主負担になったことを嘆いている大家さんが多い中、さすがカリスマ大家さんです。

安藤泉さんには、昨秋、NPO不動産女性会議のセミナーで講演いただいており、その後、入会されています。
今年のセミナーは、10月13日(土)10:30〜12:00、参加費は無料です。


kumie62 at 22:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年09月20日

女性会員増強イベント

ロータリークラブに女性会員も受け入れるようになって30年ですが、日本の会員の女性比率は3%台で世界比率の7分の1とか。そこで、女性会員増強を目的に、国際ロータリークラブ2750地区で「輝く女性の集い」を開催しました。
挨拶が山東昭子さん(参議院副議長、安部総理夫人の予定が変更)
記念講演が森英恵さん(ファッションデザイナー)
司会が松島とも子さん(会員)
パネルディスカッションのパネラーが、
高市早苗さん(衆議院議員)
松原亘子さん(21世紀所業財団会長)
石井幹子さん(照明デザイナー)
寺田千代乃さん(アートコーポレーっション株式会社社長)
渡辺ミキさん(株式会社渡辺エンターテイメント社長)
司葉子さん(会員)
コーディネーターが草野満代さん(ニュースキャスター)
という豪華顔ぶれでした。
1万円の会費(食事代を含む)でこれだけたくさんの女性のお話が聞けるのですから、お得なパーティですが、ちょっと違うんじゃないかなぁ。。。と感じました。




2007年09月15日

上海視察ァ々眩悒咼觀欧肇螢縫▲癲璽拭璽ー

90520362.JPG上海ツアーの最後はリニアモーターカーでの時速430キロを体感です。高層ビル群の街から浦東空港まで7分です。

国営で西側企業トップのための高級賃貸住宅を用意して企業誘致、技術移転をさせ、育ってきた自国富裕層向けに大規模な不動産開発をする一方、庶民向けの高齢者施設は民営でした。膨大な数の老人に国が福祉サービスを提供していたら経済発展などできない。中途半端なサービスでは不満も出る。訪問した2施設のご老人たちが明るく元気だったのは、有料サービスを最小限しか利用しないことも一因だと思われます。

金橋地区の住宅管理をしている企業トップによると、

◎雇用契約を2回更新したら3回目は終身雇用契約をしなければならない
◎破産保証金として税引後利益の15%の内部留保する。
 (倒産した場合の従業者賃金確保)
◎公布から実施までたった一ヶ月で最低賃金アップをする

など、労働者保護政策をとっています。

文化大革命からたった30年です。
天安門事件などあったけれど、13億の国民を引っ張ってここまで発展させた中国指導者の舵取りはすごいなぁ。。。。。が実感です。

kumie62 at 22:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年09月14日

上海視察す睥霄垰楡

◎老人幸福園

エントランスホールに仏像、膝まづいて祈るご老人もいました
幸福園幸福園仏像







配置図劇場







ご夫婦で暮らす個室  個室のベランダから中庭を見る
幸福園個室幸福園裏庭







◎下沙敬老院

こちらは木造2階建です。民間の篤志家によるもので、入居費ゼロ(経営者負担)の入居者が多いとか。庭と通路の間のパイプは洗濯物を干すためのバーです。
下沙敬老院あずまや







建物に共用スペースはほどんどなく、長屋の路地のように廊下が交流の場になっています。廊下のテーブルは真四角でフェルトを敷けば麻雀台になります。
敬老院廊下廊下でマージャン







 庭に屋外スポーツジム    キリスト教のための別院
敬老院庭がジムキリスト教信者のためのホーム







ふたつとも民間運営の老人施設です。
老人だけでなく知的障害者も受け入れています。
個室から数人部屋まであります。
浴室は専用で、キッチンはありません。
前日の豪華な住宅と対極にある普通の中国人向け高齢者施設です。
最低賃金(840元/月)前後の家賃ですから、ここに入れるのは恵まれた高齢者ということになるでしょう。
食費は10元/日です。

冷房はなく風通しのよい設計になっています。そのせいか加齢臭も感じません。
エレベーターは5階建の老人幸福園で大型1台のみ、バリアフリーの配慮もほとんどありません上層階は医療が必要な方になっているようですが、他の階のみなさんはとてもお元気です。

国からの補助も介護保険のようなものもなく全額自己負担です。
掃除・洗濯・看護(介護という言葉がない)などの家事サービスも受けられますが、有料ですから、できることは自分でやっているようです。
平均年齢は90代半ばとか。「自分のことは自分でする」暮らしが元気の秘訣なのでしょう。
そのほか目に付いたのは、家族の訪問者が多いこと。親を大切にする風習が強く残っているということもありますが、掃除・洗濯などを家族がサポートしているのかも知れません。

kumie62 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年09月13日

上海視察ヽ姐饕鷓澎向け高級賃貸住宅

日本人向けのサービスアパートメントです。最近、転売が決まったそうです。
築5年ですが給水タンクが駄目になり新しいものと替えています。今回はタンクの脇に浄水設備も作っています。
虹橋緑縁概観虹橋緑園水タンク








上海のマンションの売買価格は急騰していますが、賃料相場はアップしていないそうです。キャピタルゲイン目当てにキャッシュで購入する人たちだから空室率は気にしていないとか。
ここの場合、国内線空港だった虹橋空港と羽田空港間に定期チャーター便が就航するので便利な地域になるようです。
虹橋今虹橋ダイニング







虹橋緑園ジム虹橋卓球台








新築当時の入居者はホテル住まいをしていた管理職だったけれど、最近の入居者は小さな子供を連れた若いサラリーマン層になっているようです。
虹橋緑園児童園虹橋自転車置き場




kumie62 at 20:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

上海視察◆.ぅリス風のニュータウン

◎松江地区トーマスタウン
総戸数2,700戸の国によるニュータウン開発です。
湖は人造湖で、上海市内まで船で行けるようになるとか。
7a8193f2.JPG風景2







入居者はまだ少ないようですが間違いなく完売だそうです。
モデルハウスです。
モデルハウスモデルハウスリビング







モデルハウスダイニングマスターベットルーム







マスターバスルーム書斎







来客寝室屋根裏部屋(4階)







街並街並2







商店街はまだひっそりしていますが、このをバックに結婚記念の写真撮影するカップルが毎日20〜30組いるそうです。
商店街結婚式


kumie62 at 20:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

上海視察 カリフォルニア風外国人街

浦東金橋地区は外国人の生活生活団地になっており、約600世帯が住む高級住宅街になっています。

◎一戸建て住宅街
浦東地区に進出している外国企業のトップクラスのために用意された国営の賃貸住宅です。
この門の中に約100戸の家があります。
人造湖に面してクラブハウスがあり、敷地内にテニスコートや公園もあります。

金橋入り口クラブハウス







住戸の建物面積は平均280屬任后
敷地面積は約400坪、静かな公園の中の住まいになっています。
金橋公園貸家








◎外国人用高級賃貸マンション

やはり、大家さんは中国政府です。
ただし、資金がなかったとかで、最初の2棟は分譲だったそうです。
平均住戸面積260屬任后
全体模型ゲート







センター棟賃貸マンション







フロントホール






金橋地区ジムバー












2007年09月07日

100円ショップでIH用フライパン

d0d6ed5d.JPG クローゼットのパイプに使うS字カンを買いに100円ショップに行き、洋服ハンガー他、あれこれ数千円の買い物をしてしまいました。

 鉄製のフライパンも100円です。改装を機にIHクッキングヒーターに替え、IH用の鍋が重いので戸惑っていたのですが、このフライパンは軽い。薄い鉄では焦げるかな。。。と心配しましたが、取りあえず目玉焼きはきれいに焼けました。


kumie62 at 22:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!その他 

2007年09月05日

成年後見制度

8a61ca6e.jpg 今年のNPO不動産女性会議の秋のセミナーは東京ウィメンズプラザフォーラムに参加します。10月13日(土)10時半〜、テーマは、「介護の現場からみた不動産管理〜成年後見制度と不動産業の役割」です。

 そのセミナーでパネラーをお願いする大貫正男氏にお会いしました。「司法書士たちで成年後見制度を担って行こう!」と(社)成年後見センター・リーガルサポートを立ち上げた創業理事長です。

 成年後見制度は介護保険スタートに合わせてできた制度です。介護保険による介護サービスは、サービスを受ける本人とサービス提供業者との契約により提供されすものです。契約する本人が認知症では契約行為はできない。。。ということで出来た制度です。
 司法書士が専門家として後見人を引き受ける場合の報酬は月額2万円、行政からの依頼で生活保護を受けている方については月額5,000円で引き受けられているそうです。大貫氏は現在6人の後見をされており、これで手一杯。全司法書士が6人ずつ後見を引き受けたとしても高齢社会を担いきれない。地域で後見制度を担えるような人材を育てていく必用だとおっしゃっていました。

2007年09月02日

かものはしプロジェクトのサポーターになりました

5496b96c.jpg kamonohasi2以前から気になっていたNPO法人かものはしプロジェクトサポーターになりました。

共同代表 村田早耶香さんがフェリス女学院大学生のころにカンボジアの孤児院を訪問し、売春宿から保護された6歳と12歳にあったことがきっかけで、児童買春を強制させられている子供たちのを支援している団体です。
 在学中にかものはしプロジェクト発足、ソーシャルビジネスプランコンテスト STYLE2003 にて優秀賞受賞。 世界銀行主催の Youth Development and Peace2003 に参加。
 卒業した2004 年に、かものはしプロジェクトカンボジア事務所開設、子ども達へのパソコン教室を開始。
 2005 年に日経 WOMAN 「ウーマン・オブ・ザ・イヤー 2006 リーダーシップ部門」史上最年少受賞。2006 年日本青年会議所「人間力大賞」参議院議長奨励賞受賞。

 と若い前向きなエネルギーで、単なるボランティではなく、持続的に子供たちが自立をできるよう社会起業家としてビジネスを展開しています。都会でのパソコン教育に続いて農村ではイグサ工芸をビジネスに繋げています。

 今日のメールでは、リーダーとして期待していたカンボジアの若者が退職したとありました。退職の理由は、自立を目指すの活動ではなく、ボランティ色の濃いNGOへの転職だそうです。