2016年02月

2016年02月27日

DAYS JAPAN ー世界を視るフォトジャーナリズム月刊誌

20160223abe
















安倍政権011上の写真は、左フォトジャーナリズム月刊誌DAYS JAPAN 2月号の特集「平和を叫び続けろ!」の中の見開き2ページを使ったトップ写真です。

いい写真です。登場人物の人柄がよーく出ています。安倍さん、麻生さんともこういう恰好をするのが好きなんですね。戦争ごっこしたがる子供みたい。

写真が多く読みやすい。どれも興味あるテーマ。読み捨てにはもったいない雑誌。定価843円です。







kumie62 at 04:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!読書 

2016年02月26日

「戦場ぬ止み」いくさばぬとぅどうみ@田町

20160225ikusabanu遅ればせばせながら、三上智恵監督の「戦場ぬ止み」を見てきました。

三上監督の前作「海にすわる」と同様に普天間基地の辺野古移転に反対する島民に密着取材したのものですが、今回は、辺野古沖合に工事用の船舶、海上保安庁の船舶が現れた光景がアメリカの戦艦が沖に出現したあの沖縄戦の光景が重なり、「二度と沖縄を戦場にはさせない」という思いを強くしたことが題名になっているようです。重火器こそ持ち込まれていませんが、圧倒的腕力で抗議行動を阻止されるのも島民ととっては戦場なのでしょう。

加えて、翁長知事の大差当選、すべての小選挙区で辺野古基地反対派の勝利に沸く島民の様子、この結果を無視し工事を進める政府、「戦場ぬどぅどうみ」とそれを阻止するあきらめない島民。どういう解決があるのか考えさせられます。

「鳩山元総理の「少なくとも県外」と言い、具体的に県外の移転先も検討したにもかかわらず、鳩山首相(当時)に諦めるしかないと思わせた外務省の極秘文書(移転先の距離条件)が作文であり、アメリカ軍が提示した条件ではなかった。これに対し、外務省は調査中として回答なし。」

もあり、辺野古への執着は日本政府のようです。
普天間は飛行場ですが、辺野古は軍港機能を整備し強襲上陸艦が着岸できる各段に増強された基地になります。そうしたいのはアメリカではなく日本。
政府を変えるしかない。。。






2016年02月24日

松戸の坂川の河津桜も咲きました。

松戸の坂川の河津桜も咲きました。
夜間ライトアップは2/26(金)から、桜祭りは3/12(土)・13(日)です。
両日は、坂川沿道に飲食の屋台が並び、松戸特産の『矢切ねぎまつり』も。
河津桜の開花期間は1ヶ月くらいだそうですね。
imageimage

kumie62 at 22:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!暮らし 

2016年02月22日

『フラタニティ』創刊記念シンポジウム「自衛隊とどう向き合うか」

3691パネラー1.高野孟 (ザ・ジャーナル主宰) 日米関係の深層)

アメリカ帝国の崩壊を、
〃鎧帝国の崩壊(21世紀は戦争では解決できなくなった。最後の覇権国のアメリカ、老いた帝国をどうやって寝かしつけるか)

金融帝国の崩壊(フラッシュボーイズ =インターネット発注した取引に、10億分の1秒レベルで先んじて売り買いして儲ける男たち、という信じられないくらいの病に侵されている)

という二面から話され25分の持ち時間では惜しい内容。


20160222自衛隊を活かす会・事務局長)/ 護憲派の軍事戦略

一昨年夏から今年にかけて開催された自衛隊を活かす会の連続シンポジウムには参加してしていますが、松竹氏のお話を聞くのは初めて。野党共闘のための9条論は? 連合政府の政策は?と問題提起はされますが、具体的な提案はされない。同会は様々な立場の人を巻き込む会であり、会として、これだ!は出さないのでしょう。軍事力については、連続シンポジウムをまとめた本 「新・自衛隊論 今守るべきは非戦のブランドである」があります。




20160222フラタニティパネラー3. 村岡 到 (『フラタニティ』編集長、本シンポジウムの企画者)「非武装」と「自衛隊活用」を深考する

左翼の立場たくさんの本を執筆されている
9条については、自衛隊三分割論(災害救助隊、国土防衛隊、残りを国連軍)を例に自衛隊を国連軍にする案があったことも紹介はされましたが、3パネラー共に昔あった話という扱いでした。今の松村氏は、「自衛隊は違憲だけれど、特別に法律で認める。。。」というような条文を加える加憲論を思いついたよう。これは自衛隊を国連軍に以上に説得力がない。護憲で野党共闘を目指すなら、護憲派憲法学者の一部が認めている「専守防衛の自衛隊は合憲」を容認し、非戦をブランドにし、軍事力の削減を目指すというのが現実的ではないかと改めて思いました。


kumie62 at 23:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!政治 | 憲法

2016年02月15日

松戸立教会新春の集い

3672遅ればせながら新春の集いです。立春も過ぎましたので、旧暦ということでいいでしょう。
昨年、投稿型のホームページを作りましたので、プロジェクターで映写し、ユーザー登録の仕方を説明させていただきました。
私は入れ物を作っただけ、更新は皆さんでと思っていますがどうでしょうか。ゴルフ同好会の皆さんは活用してくれそうです。
ミーティングの後は新春落語会です。
メインは立教大OBで松戸市民の雷門小助六師匠。
前座は三遊亭遊かりさん。

kumie62 at 12:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年02月09日

東京第一検察審査会激励集会と鎮目記者を講師に勉強会

3642東電3重役の起訴決定に続き、東電と旧経産省保安院の津波対策担当者計5名を、業務上過失致死傷罪の疑いで東京第一検察審査会に申し立てています。その審議が行われる東京地裁前で、起訴相当の議決を出してくださいという激励集会があり、福島からバスでいらしたみなさんと一緒に建物内に向けてコールしました。

コールは3つ。
「検察審査会のみなさん がんばってください」
「原発事故の真相を 明らかにしてください」
「原発被害者を 見捨てないでください」

3653そのあと、参議院議員会館に移動、共同通信社科学部の鎮目宰司記者の勉強会。鎮目氏は311前より、福島原発建設を地震、津波問題から関係者に取材を続けており、その取材記録が上下2回で、岩波の「科学」で報告されています(会場で購入できたのは2月号で下)。官僚は言質を取られるような言い方はしませんが、津波の危険性が問題にされ、それに対応する工事計画も検討されていたにもかかわらず、それを無視する力が働いたことが浮かび上がります。福島原発事故は想定を超えた自然災害ではなく、経済効率を求める勢力により想定を無視した人災だったようです。





2016年02月08日

サンパラソルが咲きました。

imageベランダで寒を越したサンパラソルです。

つぼみらしきものが縮み上がったままでしたので部屋に入れてみました。




kumie62 at 09:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!暮らし