2005年05月15日

だんだんと子供の物がなくなっていく。

81db5f06.JPG
 次男がマンションを買ってパートナーと暮らし始めて半年が過ぎた。来月あたり、アメリカで結婚した長女が娘を連れて戻って来るので、我が家の次男の荷物を整理し、部屋を明け渡してもらうことにした。
 終末では粗大ごみの持ち出しはできないので、処分できるのは衣類と紙と若干の不燃物。
衣類はほとんど持ち帰らず廃棄。ついでに、私も衣類を処分する。
もう少し、賢い買い物をし、捨てるものを増やさないようにしなければ。。。。
 
6歳の子供の写真
 衣類の次に、学生時代のテストや参考書の整理をしようとして、アルバムが出てきた。息子と一緒に私も見せてもらう。
 保育園卒園式の写真が可愛い。母親の代わりに長女が父兄席に座っている。私は子供の卒園式より仕事を優先したのだ。それでも卒園証書を貰ってニコニコうれしそう。
 吉行淳之介の母親あぐりさんは、淳之介がランドセルを背負った小学校入学の写真を1枚だけ飾っているそうだ。一番可愛いと思う写真が1枚だけあればいいとか。ほんとうにそう。年をとったら身の回りのものは少ない方がいい。1枚だけ持つなら、この頃がよさそうだ。


kumie62 at 23:50│Comments(0)TrackBack(0)clip!その他 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔