2005年10月30日

求人情報サイト

松本社長

  経営研究集会の分科会は、「非常識の常識がビジネス成功の鍵を握る」というテーマで、コーディネーターは立教大学ビジネスデザイン研究科の亀川教授、事例として株式会社ジョブダイレクト社長の松本淳氏のお話がありました。

 株式会社ジョブダイレクトは2003年創業の求人情報検索サイトの会社です。企業が自社のホームページに載せている求人のページを検索ロボットで収集し、一定の条件に当てはめて情報を整理し、誰でも検索できるサイトにしたのです。現在、59,872件の情報が検索できています。彼の企画に対し、常識的な方たちからは、

ヽ銅劼个蕕个蕕両霾鵑鮟犬瓩得依分類するロボットなんてできるはずがない。⊂ー蠅亡覿箸離汽ぅ箸鬟螢鵐させるビジネスは法律的に問題だ。

の2点を指摘されていたそうです。これに対し、松本氏は、,呂笋辰討笋譴覆い海箸呂覆い世蹐Α△蓮¬簑蠅呂△襪もしれないが、システムが完成して公表した時点での世間の反応に賭けよう、だったそうです。ですから、初めて日経新聞に同社のサイトが紹介された日は、苦情が来るのではないかと、1日、電話の前ではらはらしていたそうですが、批判の反応はなく、「我が社の情報が載っていない。載せてほしい。」のみだったそうです。

 そうなると、我が「株式会社ウェスタの求人情報」が載っているのかが気になります。早速、同社のサイトで試してみました。営業で9389件、その中で不動産に絞って2062件、これを頭から見ていくのは至難です。そこで、当社は社長以下全員女性の会社ですので、「女性」というキーワードで検索してみますと32件(研究集会のあった夜は確か一桁でした。)しかなく、そこには我が社の名前はありません。仕方なく、「ウェスタ」で検索したら、「正社員、次代を担う幹部候補生」とか、「契約社員、家庭の状況により働き方を選べます」とか、ばっちりと載っていました。

 当社は、男性主導の不動産業界で女性の能力を生かすことを目指して創った会社です。再就職、転職を考えている女性たち、宅建は合格したけれど年齢オーバーで就職先が見つからない女性たちに当社のホームページを見てもらえるよう、早速、ホームページの募集のページに、「社長以下、全員女性の会社です」の文字を加えました。



kumie62 at 22:59│Comments(0)TrackBack(0)clip!その他 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔