2005年12月18日

第四回吟詠歌劇団火乃鳳公演

オドバルさん

 墨田区曳舟文化センターで吟詠歌劇団火乃鳳の公演がありました。団長の新井縁節さんが高校の同級生です。彼女は子供の頃から詩吟を習ってはいたようですが、連れ合いを亡くされた後、本格的に打ち込むようになり、吟詠のシナリオを書き、お仲間の先生を誘って劇団を創って上演するようになりました。

 今年は吟詠歌劇は「杜子春」でした。彼女が書いた詩だけでなく、ゴーギャン、国木田独歩、相田みつを、良寛、、杜甫、芥川龍之介などの詩が詠われて物語が進行します。舞い方の力量が今一つだったのは残念ですが、こういう形で詩吟を楽しむのもいいかなぁと感じました。

 写真は、第一部、昨年、モンゴル公演をご一緒したモンゴル民踊歌手オドバルさんとの共演です。オドバルさんはモンゴル民踊も歌ってくれましたが、目を瞑って聴いたら日本の追分かと思うような歌もありました。



kumie62 at 22:23│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔