2006年03月17日

米山奨学生 雀さんのお話

e2e26929.jpg 米山奨学生の雀さん(慶應義塾大学で図書館・情報学を勉強中)のお話をお聞きしました。出身は中国の延辺市、延辺朝鮮族自治州は人口218万人のうち漢族が過半数以上の59%を占め、朝鮮族の割合は39%、朝鮮族の割合が減っているようです。
 彼女は曽祖父の代に朝鮮から中国に移住した朝鮮族、延辺の朝鮮族は積極的に外の文化を取り込み、外資も受け入れ、中国の辺境にありながら経済発展もできているとか。彼女は朝鮮と中国の文化で育ち、奨学生として日本で勉強している。両国の架け橋になりたいと淡々と話されていました。

 エンペン州というのは、豆満江を渡る脱北者が中国の朝鮮族の人たちに助けられていると報道されている辺りなのだろう。。。とは思いはしましたが、「中国に見つかると脱北者は北朝鮮に返される」ということと「朝鮮族の自治州」ということが重ならず、エンペンという地名がどういう字なのかも分らず、質問するには、余りにも知識不足で、お話をお聞きしただけで質問もできませんでした。
 「中国 朝鮮族自治州」で検索し、いくつかのサイトを覗きました。こちらの年表が詳しいですね。

kumie62 at 15:14│Comments(0)TrackBack(0)clip!女性と仕事 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔