2006年07月07日

住まい選び「夫の視点 VS 妻の視点」

不動産情報サイト「HOMES]の調査結果です。対象は首都圏に在住する20〜60歳代の既婚男女。調査手法はインターネット調査。

1.住まい選びの際、最も重要なのは夫も妻も「日当たり」

特に意見が分かれたのは、夫が「駅からの距離」、妻が「収納」や「キッチン」でした。また、妻のほうがさまざまな点で要望が多く、高望みする傾向があるようです。

2.情報収集は夫も妻も「自分の方が熱心だと思う」が6割以上 

3.「決定権を持っているのは自分」と信じる夫 上手に夫を操る妻 

4.最も意見が対立するテーマは シビアな「価格」の問題
 
だそうです。詳しくは。。。。


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔