2007年05月10日

来期の目標は「女性会員を増やそう!」だそうですが。。。

グラフ表2 ロータリークラブの地区協議会がありました。来期(2007年7月〜2008年6月)の地区ガバナー(地区のトップ)の下、各クラブの来期役員たちのお勉強会です。
 この日に先立ち、来期国際ロータリーガバナーの下、世界中の地区ガバナーたちがアメリカサンディエゴで集まり、来期の目標、「女性会員を増やそう!」と「留学生受け入れに力を入れよう!」他を確認して帰り、地区協議会で傘下のクラブに下ろしていくわけです。
 
 写真はロータリークラブ会員の女性の増加を示しています。全体の会員数が減っている中で女性会員は増えています。ロータリーの会員は、企経営者、経営者に近い管理職、専門職の女性たちです。
 右の写真はロータリー会員に占める女性会員の割合です。アメリカの7分の1はともかく、儒教の教えの強い韓国の3分の1以下です。

 このグラフや数字を使ったスピーチの一部です。スピーカーはグレーヘアの品のいい男性です。
 「サンディエゴの大会場で、ロータリーの留学生として日本で勉強した女性会員が堂々とスピーチしていた。。。。留学生を迎える側は優秀な学生がいいというが学校時代の成績が全てではない。。。。女性の留学生だって、将来、大統領夫人になるかもしれいない。。。。」
 この数字、このスピーチが日本の女性が置かれている実情状況です。
 男性リーダーたちは女性の社会参加が必要だと頭では分かっている。分かろうともしている。でも心がついていけない。頭と心が一致するには、まだ、時間がかかりそうです。

kumie62 at 23:58│Comments(0)TrackBack(0)clip!女性と仕事 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔