2007年05月30日

すし屋の二階で、活弁士≪麻生八咫≫による無声映画映写会

c69cdc87.JPG全国女将さん会会長のおかみさんで有名な浅草すし屋通りの蕎麦屋≪十和田≫の2階座敷で活弁士による無声映画上映会がありました。

弁士は麻生八咫
最初の演目は澤田正二郎主演の「国定忠治
痛んだフィルムの使えるところから13分くらいの山場を
語っていただいた後、あの名せりふ、

赤木の山も今宵を限り。。。。。。。おれにゃぁ、生涯(しょうげえ)、てめぇという 強い(つえぇ)味方があっつたのだ〜

を口移しで練習します。
最初は乗りにくかったのですが、そのうち大げさに情念を込め、大きな声で、
つええ、み、か、た、がぁ、あっっつた、の、だ。。。。。。と盛り上がります。

嘘か、本当かわかりませんが、八咫さんのお母様は、このせりふを冷蔵庫に貼り、飲み物を取るたびに、
「赤木の山も今宵を。。。。あっつたのだ〜」とされるとか。

写真は、二つ目の演目、大河内伝次郎主演の「血煙荒神山」です。




kumie62 at 00:11│Comments(0)TrackBack(0)clip!その他 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔