2008年11月13日

エコビレッジ鶴瀬モデルルームで住文化研究会

982c7269.JPG住文化研究会(メンバーはデベロッパーで働く女性たち)はエコビレッジ鶴瀬のモデルルームで、売主:株式会社リブラン鈴木雄二社長に、「家をつくるには」というテーマで講演いただきました。

全国的に広まっている「緑のカーテン」は、同社のマンションを購入し、マンションのコンセプトとして入居者に勧めていたいた「緑のカーテン」による住み心地の良さを経験したお客様が、自分の勤務する小学校の教室に「緑のカーテンを作ろう。。。」と同社に相談され、同社が支援したことがきっかけです。

DVC00009DVC00010







「エコビレッジ鶴瀬」はクーラーなしで夏を快適に過ごそう!とこの緑のカーテンのほか、風通しのよい間取りの工夫がされています。
和室と寝室の間の収納をウィンドスルークローゼットとして両室から使えるようにし、和室のベランダからの風が寝室側のベランダに抜けます。
子供部屋のベランダからの風がキッチンを通って玄関に抜けます。
そのほか、浴室に窓、パウダールームに勝手口を設けています。


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔