2010年01月20日

200億円を超す建設費をかけて市立病院を新築する是非を住民投票で!!

5cf77a31.jpg 標題の署名活動が本格的にスタートしました。

 1月16日、友人に誘われ住民投票をするための条例制定を要求する決起集会に参加しました。司会は民主党の県議会議員、市議会議員はたった5人、自民党議員もいましたが社民党はいませんでした。

  友人は医療行政にも病院経営にも詳しく、

 「病院経営は箱物ではなく医者と看護師を確保できるか否かだ。現状でも松戸市立病院は医者も看護師も足りていない。医者が足らないと売上げも上がらず赤字。こんな状況で、病院を移転、新築しても赤字が増えるだけ。必要な医者を確保できたとしても、新しい市民病院の事業計画書の稼働率は通常ではあり得ないものであり、掲げられた数字は辻褄あわせしただけで根拠がない。新たに病院を建てることは膨大な赤字を抱えることになる。今の市民病院の耐震性に問題のある棟だけ建替えるなり補強すればいい。」

 と言います。

 市議会で議決したしたのは用地の購入だけ、200億円という病院建設の予算は3月市議会で審議されるのですが、市は市立病院移転が正式決定したかのように広報しています。市民のほとんどが移転は決定済みのことと思っていますが、今からでもストップできるとわかれば、取り敢えずストップをかけて考えよう思うでしょう。

 署名活動は2月15日まです。この間に最低8,000名の署名を集めねばなりません。署名受け人は既に500人届出済だそうですから、8,000人は楽勝なのでしょうけれど、8,000集めても市議会が無視することもできるそうです。議会が無視できないよう圧力をかけるために2万でも3万でも集めよう!と呼びかけていました。

 署名受け人になって書名を集めようという方は「住民投票を実現する会」にご連絡ください。
 
 署名をされたい方は街頭活動に参加されたい方は下のスケジュール表をご覧にください。
canvas

kumie62 at 00:16│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔