2010年03月22日

万博前の上海 中華料理三昧

 初日夕食は変面ショーで知られた四川料理の巴国布衣です。
右はアヒルの舌でした。
20100321巴国布衣お面20100321巴国布衣アヒル舌






 二日目は朝食は豫園まで出かけ、昼になれば行列しなければ入れない
南翔饅頭店で点心をいただきました。右は上海蟹のスープです。
20100321南翔饅頭店20100321南翔饅頭店スープ








 昼食は豫園を見学した後、砂糖を絡めたさんざをかじったり、おそばや
豆腐スープをいただいたり。
6a8ff763.JPG20100321豆腐スープ







 夕食は上海雑技団の公演のあるスタジアムの隣の紹興飯店でいただきました。
240人の調理人を抱え、何組かの結婚披露宴が同時進行している大レストランです。
メニュー毎に調理する食材を確認できるようになっている大きな部屋が設けられています。
20100321食材220100321食材








 最終日はチャイナドレスの仮縫いを終えてから朝昼を兼ねた食事。おでんのような具の入った辛いスープのおそばです。具は串にさしたおでんから選ぶようになっています。隣は大きめの小籠包を焼いたものです。焼き餃子と小籠包をミックスしたようなものです。私たちが興味の眼を向けていたので買ってきてくれました。ありがい心配りだけれどよそのお店で買ったもの一緒にいただくのはちょっと心苦しい?
20100321おでんそば20100321焼きまんじゅう

kumie62 at 16:52│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔