2012年02月26日

仮設住宅を出るときまでに整理たんすを作りたい

734a46a7.jpg 仮設住宅で一人暮らしの佐藤ヒデさんを訪問しました。

 避難所暮らしから岩手県内の沢内村(合併して西和賀町)の温泉のホテルに移動し、その後、仮設住宅に入ったそうです。

 沢内村は映画「いのちの作法」の舞台です。一年の半分を雪で閉ざされる沢内村の皆さんの暮らしぶりに敬服し、
 「私たちは全てを失い一からのスタート、(沢内村のみなさん以上に)頑張らねばならない}
 と背中を押されたようです。

20120224ヒデさんの木工20120224ヒデさんの尼さん人形20120224ヒデさんのバック





 「ミシンが使えれば糸鋸も使える。」
 82才で初めて電動糸鋸を使ってみた佐藤さんが断言されました。
 4月からスタートする木工教室に参加し、仮設住宅から引っ越すときまでに整理タンスを作れるようになりたいとおっしゃっています。

 真ん中は佐藤ヒデさんが作った尼さん人形です。親類7人が津波で亡くなったので7つ作ろうと思ったそうですが、もっとたくさん作るようです。

 右のバックの生地は古ズボンから取ったものです。手縫いです。


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔