2012年08月31日

移動中の読書は孫崎亨本

20120830不愉快な現実 台風の影響で成田出発が大幅に遅れ、濃霧のために仁川出発も遅れました。お陰でさまで
不愉快な現実、中国の大国化、米国の戦略転換
「問題を直視できないこの国の瀬戸際」孫崎亨著
 
を移動中に読み上げました。

 尖閣も竹島も日本人は相手の主張を知ろうとせず「日本固有の領土だ」と言っている。尖閣問題が武力衝突になってもアメリカは日本を助けてくれない。日本が核兵器攻撃されたからと言ってアメリカが相手国を核攻撃をすることはあり得ない。日本の経済力ではどんなに頑張っても自力で中国軍と戦える軍備を持つことは不可能。相手の主張に耳を傾ける人たちを増やしていくしか日本の生き残る道はないという。


  
20120830戦後史の正体 上の本に出会うきっかけになったのは、与論島旅行のとき友達が持ってきた「戦後史の正体」です。
 これも移動中に読み、羽田空港で別れるときにもうひとりの友達に廻し、孫崎亨さんのほかの本も読んでみようとなりました。この本のアマゾンサイトには著者が要約解説した動画があります。

 中国3年目のスタートを前にいい本に出会いました。

kumie62 at 09:11│Comments(2)TrackBack(0)clip!中国 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by か   2012年09月03日 08:49
無事にお着きですか
社会講座、今回は3回コースで戦後です、
レジメもらっておきますね。
夏のお疲れが出ないように、、、
2. Posted by kimie   2012年09月04日 09:51
今朝、やっとネットが繋がりました。
レジメよろしくお願いします。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔