2014年12月06日

ブータンАゝ∀の山中でジェ・ケンポさま一行と遭遇

DSC02281DSC02282








通行止め時間を避けるため、プナカではゾンを見学しただけでテンプーにトンボ返りです。しばらくは田園風景を順調に。。。。

DSC02284DSC02287DSC02286








山に入るとすぐに渋滞。対向車はダンプばかりになりました。こんなデコトラがけっこうたくさん走っています。

そのうちに、片側通行になったのでしょうか、こちら側(山側)はほとんど動かなくなりました。ダンプは舗装をしていないガードレールもない山道を路肩ぎりぎりに走っています。一台のダンプがぎりぎりで動けなくなると、運転手さんたちが下りて行き、みんなで山側の車を動かせたり、ダンプの運転手に指示を出したり、励ましたり、少しずつ動かす。。。を繰り返し、やっとのことで無事に通りぬけました。

DSC02292DSC02305







道幅の広くなったところに人がいます。テンプーからプナカに引っ越しされるジェケンポさまをお迎えしているのだそうです。
ジュケンポさまは春秋のお引越しには、普通なら3時間の道のりを1日かけて走り、沿道でお迎えする人々にお車から手を出して頭をプッシュして祝福されるのだそうです。


DSC02307DSC02309







ということで、私たちの車はジュケンポさまのご一行とすれ違うという幸運に恵まれました。
飾った車ではなく、右がジュケンポさまのお車です。
ブータンでは、国王と最高僧ジュケンポ様は同格で車のナンバーは「BHUTAN」
今は先代王様もご健在なので、「BHUTAN」プレートの車は3台だそうです。

DSC02313DSC02316








ドチュラ峠のレストランで遅い昼食です。
亜熱帯から3150メートル。レストランはストーブが焚かれてました。
私たちはダウンを持参していますが運転手さんもガイドさんも寒かったようです。




kumie62 at 05:00│Comments(0)TrackBack(0)clip!旅行 | ブータン

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔