2015年04月15日

高浜原発再稼働差し止め決定 ⬅︎ 福井地裁

image25c86b45.jpg






やっぱり住民側の勝利です。

でも、国民のほとんどが原発再稼働は反対なのに、選挙では再稼働を進める自民党が圧勝? 
投票率も非常に低い。
選挙はシングルイッシューではないから、民意を実現できない。

この裁判の弁護団長河合弘之氏は、
「裁判は選挙とは違う。多数決ではない。裁判官ひとりを説得できればいい。」
と言います。

彼は映画「日本と原発」の監督です。
原発問題を担当する全裁判官に見てもらう意図で作ったそうです。
だから、映画では原発問題の争点すべてを網羅しています。
原発問題を担当する裁判官は膨大な専門資料を読む前にこの映画を見るでしょう。

この判決は上級審で覆されるかもしれません。
覆させないためにはどうしたらいいか。
福島地裁の判決文は、次々、控えている各地下級審での原発裁判官に少なからず影響を与えます。国民の支持が高い判決文にはより強く影響されるでしょう。
下級審が次々と脱原発判決したら、上級審の裁判官の良心に訴えないはずがない。安易に権力よりの判決は書けなくなるでしょう。

今、裁判が面白い!
いい判決への賛同の輪を広げましょう。





トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔