2015年04月15日

キューバのテロ支援国家指定を解除へ。。。から

n-CUBA-large570










想像していたより、フェデルカストロさんは若く、お元気のようですね。

キューバはテロ支援国家ではなくなっても、日本は第二次大戦の敵国条項が外れていない唯一の国らしい。

戦後70年、今も占領時と同じようにアメリカ軍が駐留し、日本の航空法に関係なく日本の上空を米軍機が飛び回り、超低空飛行訓練をし(原発のそばに墜落して乗務員が死亡したこともあるとか。そういう場所で低空飛行訓練をしているということは、米軍による原発爆破というオプションもあるという見方も)。

image安保と地位協定は憲法の上位にあり、国民の人権が侵され、沖縄の豊な自然が破壊され、米軍基地を出入り口にパスポートなしに自由にCIAが出入国し、そのスパイ行為が明るみに出ても何ら異議を伝えず、ことあるときは、自衛隊は米軍の指揮下に入るという密約まであるそう(公開されている米国公文書があるとか)。

こういう世界でも例のない隷属的地位が続いているのは、アメリカに強要されているからではなく、自民党政府と外務省が自ら望んで隷従しているらしい。費用対効果で引き上げようとした米軍を思いやりり予算を出して引き止めたり。

中国、韓国にしっかり謝罪させず、極東に危機があるかに国民に思わせるのも、米軍にずっと居てほしいから、米軍の役にたつ自衛隊にしたいから。
豊かな暮らしに慣れ、親の庇護から自立できないバカ息子みたい。

以上の太字所見は、
矢部宏治さんの 日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか 
によります。
Best Book of 2014 で第一位に選ばれています。
現存する日本の文書、公開されたアメリカの公文書で戦後日本史を確認できる面白い本です。

kumie62 at 14:14│Comments(0)TrackBack(0)clip!キューバ 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔