2015年08月06日

辺野古作業一時中断 ゲート前に歓声上がる

20150805


名護市辺野古の新基地建設作業を10日から1カ月間中断すると、管義偉官房長官が4日発表したことを受け、米軍キャンプ・シュワブゲート前で座り込む市民らは「沖縄県民の強い決意が届いた」と歓声を上げた。

 ゲート前に一報が入ったのは午前10時25分ごろ。新基地建設に反対する市民らは手を取り合ったり、カチャーシーを踊ったりして喜んだ。沖縄平和運動センターの大城悟事務局長は「基地建設断念の一歩にしよう」と呼び掛け

 一方、海上では市民らが船やカヌーに乗って抗議した。作業船やスパット台船はなく、作業は確認されていない。
沖縄タイムスの記事です。

何故、今、一か月の中断?
と気になるけれど、この歓声を全国に伝え、新基地建設も戦争法案も断念させ、原発再稼動阻止・TPP交渉脱退、安部自公政権の退陣にまで繋げましょう。

kumie62 at 15:11│Comments(0)TrackBack(0)clip!憲法 | 暮らし

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔