2015年11月21日

数百人の弁護士が安保法制違憲訴訟の会に参加

11月19日の国会前集会での、安保法制違憲訴訟の会の伊藤真弁護士の報告と連帯を求めるスピーチです。安保法制違憲訴訟の会には、既に数百人の弁護士が参加しており、日々、参加者が増えているそうです。

安保法制が閣議決定して以来、戦う方法を考えてきたといいます。
日本は具体的な被害を受けた当事者でないと裁判に訴えられない制度なので、法律の憲法違反を訴えても原告適格なしで門前払いされてきたのです。
今回は、「差し止め請求(高等裁判所所所在地)」と「国家賠償請求(全国どこの地裁でも)」の2本で戦うそうです。

私たち市民ができることは
◎原告になること
◎裁判を傍聴すること
◎裁判所を取り囲んで応援すること



kumie62 at 23:59│Comments(0)TrackBack(0)clip!憲法 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔