2017年04月23日

憲法映画祭2017@日比谷図書館地下ホールの紹介

テーマ「今は、もう“戦前” なのですか? 」
憲法施行70年の今年、憲法記念日前の二日間。戦争と憲法の“いま” を考えます。

20170420憲法映画祭11320170420憲法映画祭裏114














と き:4月29日(祝)30日(日)
ところ:日比谷図書文化館・コンベンションホール
主 催:憲法を考える映画の会
http://kenpou-eiga.com/ 
4月29日(祝)
ドイツにおける戦争責任」
10:30〜11:10  『意志の勝利』(1934年・ドイツ)*ナチス党大会の第一日目のみ上映
11:20〜13:30  『白バラの祈り ゾフィー・ショル最期の日々』(2005年ドイツ)
13:40〜14:20  『夜と霧』(1955年・フランス)
14:30〜16:40  『顔のないヒトラーたち』(2014年・ドイツ)

4月30日(日)
「戦争と日本国憲法」
10:30〜12:20  『戦争しない国 日本』(90分・2006年・日本)
12:40〜14:20  『大東亜戦争』(98分・1968年・日本)*この作品のみ入場無料
14:20〜15:00  お話「報道の欺瞞と“いま”(仮題)」金平茂紀さん(ジャーナリスト)
15:10〜16:40  『天皇と軍隊』(90分・2009年・フランス)

入場料:1日券一般1500円 学生500円



kumie62 at 00:48│Comments(0)TrackBack(0)clip!憲法 | 戦争

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔