2017年06月27日

沖縄慰霊の日 みんなが安倍首相を睨んでた

image6月21日に
三上智恵監督の「標的の島 風かたか」(渋谷アップリングで6月30日まで上映)で「基地のない沖縄をーー」と願う人達の先頭に立つ山城博治さんを見て、

6月22日は
DaysJapan主催の講演会:「共謀罪」は絶対廃止−平和に生きる権利のはなし−で、国連人権理事会でスピーチしてジュネーブから帰国したばかりの山城博治さんの話を聞きました。

image6月23日は沖縄慰霊の日、
例年なら、山城さんは沖縄で式典に参加をするのだけれど、今年はそうできない。「接見禁止になっている人に会うように仕掛けられ、再び拘束される」ことがないよう、弁護士からのアドバイスで沖縄に入れないのだそう。その代わり、県外でできる活動として国連でスピーチし、東京を皮切りに、大阪、北海道等でも講演されるそう。
左の写真は、6月24日の中日新聞に掲載されたもの。沖縄戦最後の激戦地となった糸満市摩文の平和祈念公園で恒久平和を誓う「沖縄に全戦没者追悼式」で献花に向かう安部首相です。翁長沖縄県知事だけではなく、周りの皆さん全員が安倍総理を睨んでします。これが沖縄の民意そのものなもでしょう。
中日新聞の記事はhttp://www.chunichi.co.jp/article/front/list/CK2017062402000061.html

Days Japanの講演会では、元自衛隊レンジャー隊員でベテラン・フォー・ピース・ジャパン代表の井筒高雄さんのお話「武力で平和はつくれない」も。
数字はメモしていませんが、アメリカのデーターによると、北朝鮮のミサイルの数は日本より圧倒的に多い。駐留アメリカ軍が配備しているミサイルを加えても全く足りない。加えて、日本の海岸線にはたくさん原子力発電所がある。全原子力発電所をミサイル攻撃から防御するのは不可能。原子力発電所を抱えた日本は自国を守るための戦争はできない。平和主義で行くしかない。
というお話でした。

kumie62 at 12:12│Comments(0)TrackBack(0)clip!憲法 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔