2017年07月21日

後れ馳せながら、河瀬直美監督の「光」を見ました。

image映画情報にうといもので、つい最近になって河瀬直美監督の「光」がカンヌ映画祭で上映されたと知りました。
予告動画 https://youtu.be/yKF_t2RgU2M

ロードショー上映は終わっていますが、一部の映画館で上映しており、柏駅のキネマ旬報シアターの最終上映日に見てきました。

物語りは視覚障害者のための映画の音声ガイドの脚本を書く女性と脚本作りに協力する視覚を失いつつあるカメラマンのラブロマンス。カメラマンの厳しい駄目出しに戸惑ったり、反発しながらも彼の本意を考え、脚本作りに協力している視覚障害者の言葉に真摯に向き合い、脚本が少しずつ手直しされ、的確で美しい日本語に洗練されていきます。

完成した劇中映画の音声ガイドの朗読が樹木希林さんということも加わり、言葉の表現力に感動し、「これなら、画面を見なくても映画を楽しめる!」と確信できる音声ガイドに仕上がりました。

渋谷での上映も終わりますが、9月には田端の「シネマ チュピキ タバタ」で上映されます。
http://hikari-movie.com/info/?page_id=10

この映画館は、視覚障害者も聴覚障害者も一緒に映画館できるバリアフリーな映画館のようです。
http://chupki.jpn.org/

kumie62 at 18:42│Comments(0)clip!映画演劇その他 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔