2018年01月21日

全ての暴力の大元は子供の頃に受けた体罰の記憶です。

以下は、昨年1月のタケセンの投稿です。昨年も暴力にまつわる事件がたくさんありました。暴力の連鎖を断ち切るために、何度でも確認しましょう。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。
 
Takedayasuhiroわたしたちは、真心をもち、対象にまっすぐに向かい、決して子どもに体罰=暴力をしない人間でないといけません。子どもを叩く、殴る、ぶつ、蹴るという暴力を働いた人は、深い反省をしないとけません。こどもへの体罰という名の暴力は、あらゆる暴力(最大のものは戦争)の発生源です。すべての暴力を生みだす大元はこども時代に受けた体罰の記憶です。実に恐ろしい仕業なのです。こどもに暴力を振るったことのある大人は、ほんとうに深い反省をしないといけません。自分に嘘はつけないでしょう。あなたはどうですか?
これは、わたしの40年間の生々しい教育実践=体験から、間違いなく言えることです。
あなたは、ほんとうに体罰をしませんでしたか?
ーーーーー
また、体罰を受けて育った大人は、建前人間で、体裁のよい人です。有名にこだわる人です。本音は内容より形式という人です。肩書人=「エリート」です。点数が大事で、受験主義の人です。顔をみるとすぐわかります=「顔は顕現する」。人間を不幸にする人たちです。こどもや動物が近寄りません。
ーーーーー
わたしの両親は、一度も体罰はしませんでした。あふれるほどの対話=手真似や身体も使いの対話で育ちました。

体罰の恐ろしさ、理不尽な暴力の怖さとそれへの激しい憤りは、小学6年生の時に学年主任の教師から1回、中学2年の時に体育教師から1回でした。恐怖と憎悪の体験でした。体育教師は翌日、謝罪しましたので、許しますが、学年主任は許していません。

体罰ほど卑怯な暴力はありません。大人が、抵抗できない子供に暴力を振るうことは、何よりも許しがたい悪であり、言葉にできないほどの抑圧です。

根絶しなければならぬ絶対悪と確信しています。


kumie62 at 08:56│Comments(0)clip!教育 | 家族

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔