地震・原発事故

2017年07月01日

福島原発事故刑事裁判初公判を傍聴しました

image2012年6月、福島第一原発の事故により被害を受けた住民達が組織した原告団が東京電力役員たちの刑事責任を求めて告訴するも全員不起訴。
2016年2月、2度目の検察審査会により「起訴議決」を受け強制起訴。事前整理等に時間がかかり、
2017年6月30日東京地裁(永渕健一裁判長)でようやく裁判がスタートしました。福島原発事故で刑事責任を問う裁判は初めてです。
(マスコミが犯罪人扱いした小沢一郎の場合は2度の検察審査会でも起訴ができなかった。)

公判開始は午前10時、整理券配布7時30分から。私は7時15分に傘の列に並び整理券は40番、8時30分に抽選結果が発表され、入場券を受取り、貴重品と筆記用具以外の荷物全てを預け、金属探知機+女性職員による厳しいボディチェック、財布の中まで見られてから廊下で待機、ベテラン記者さんでもこんなに厳しいボディチェックを受けた裁判はなかったらしい。入場チェックを厳しくしたのは裁判官の指示だそう。

被告は東京電力の勝俣恒久元会長、武藤栄、武黒一郎元副社長の3名。
罪状認否で勝俣元会長は、「重大な事故を引き起こし、周辺地域の皆様、広く社会に大変なご迷惑をかけた」と謝罪した上で、「今回の津波、事故の予見は不可能だった」と罪状を否認、無罪を主張。2被告も以下同文的に短い謝罪と無罪主張をした。この時点で記者席から2〜3人が法廷を出る。速報発信のためだろう。

起訴状は、被告3人が原発の敷地を超える巨大津波に襲われ原発建屋が浸水し原子炉を冷やす電源が失われ爆発が起こることを予見できたのに、適切な津波対策を怠り、その結果、原発近くの病院の患者らに長時間の避難を強い、搬送中、搬送先で44人を死亡させ、原発作業員ら13人に怪我を負わせたたというもの。

検察官に相当する指定弁護士による冒頭陳述では、阪神淡路地震から中越地震を経て福島第一原発事故に至るまでの地震研究等の情報を3被告を含む電力会社関係者が共有してきた経緯により、予見が可能であり、対策は可能であった説明。被告側弁護士はこられに反論。更に指定弁護士から証拠として提出する大量の文書等を読み上げた。次回以降の証人尋問、被告人尋問等を通して、福島原発事故の真実が法廷で明らかになるのだろ。

尚、傍聴整理券の配布数は13倍だったとか。外れた人たちは別の場所で集会をし、昼休み休憩時間と午後の法廷終了後に告訴団弁護士が法廷の様子を報告している。
まだまだ不十分ではあるが取り調べの可視化は実現した。裁判についても、別室での映像による傍聴とか、原告団の地元での映像傍聴とかできないのだろうか。。







kumie62 at 15:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年05月19日

「知事抹殺」の真実 上映会のお知らせ

20170519知事抹殺の真実116〇日 時:5月27日(土)13:30~16:30

〇会 場:千駄ヶ谷区民会館集会室
      渋谷区神宮前1−1−10
      原宿駅徒歩10分

〇参加費:一般1,000円 学生500円

〇主催者:憲法を考える映画の会

5期18年県民と共に福島県を築いてきた佐藤栄佐久知事は、2006年9月、逮捕され、不当尋問を受け、虚偽の自白を迫られ、収賄額0円で有罪という前代未聞の有罪判決され、辞任に追い込まれた。取り調べ中の検事は、「知事は日本にとってよろしくない。いずれ抹殺する。」と言い放ったという。
佐藤知事が日本にとってよろしくない理由は原発推進に反対だったから。福島原発事故が起きたのは2011年3月、知事が有罪判決により辞任に追い込まれた5年後です。

予告編




kumie62 at 23:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年03月29日

東京地裁の前で「早く、早く、裁判を始めてくださーい!」

福島原発事故は東京電力に業務上過失があったと東京電力3重役の刑事責任を求めて告訴するも不起訴、昨年2月、警察審査会の決定で強制起訴になっているがまだ裁判が始まっていない。
そこで、3月29日12時〜13時、公判前整理手続きが行われる東京地裁の前で、福島原発事故告訴団福島原発事故刑事訴訟支援団の呼びかけで集会。福島からは子供の甲状腺癌患者が増えている。肺に移転している子供たちは苦しい治療を受け、嘔吐物が放射性廃棄物として処理されているという現況報告。フランスの状況報告も。集会最後は、公判前整理手続き審議中の皆さんの耳に届くように「早く、早く、裁判を始めてくださーい!」とコール。
image











imageimageimage







imageimageマイク最後は映画「日本と再生」の監督でもある河合弁護士。昨日大阪高裁が大津地裁の高浜原発運転差し止め決定を覆す判決を出したことにつき、「世界の流れは脱原発。我々の勝利は確か。一喜一憂せず、闘おう。」と







kumie62 at 23:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年03月19日

映画「日本と再生~光と風のギガワット作戦」上映会

「日本と原発」の河合弘之弁護士監督の最新作です。

日時:3月21日(火)18:30~ 
場所:新宿区民会館
※各地で上映会が開催されます。
公式サイトで確認ください。

20170319表10520170319裏106


kumie62 at 22:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年01月03日

父・水上勉をあるく

IMG_20170101_202418 父・水上勉をあるく」著者は小劇場「キッド・アイラック・アート・ホール」の主宰者であり、信州デッサン館、無言館の館長の窪島誠一郎、写真はフォトジャーナリストの山本宗補。

筆者は36才で実父が水上勉であると突き止めて再会、自分が関わりを持った人、場所が父親と重なっていただけでなく、弱者への眼差し、反戦、反核の思いの共有も。そして、水上勉の死後10年、筆者はその思いを確認すべく「水上文学」を辿る旅にでる。フォトジャーナリスト山本がその姿に迫る。写真がいい。彼の他の写真集も見たくなった。続きを読む

kumie62 at 04:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年04月16日

反原発ソング「若狭の海」 by近藤龍麿・天白真央 

安針塚の浄土真宗長願寺の花祭り法要に参加しました。海 法龍住職は天草の出身。今日も地震が続く熊本の皆さんを思い、こんな大地震が続いても誰も川内原発を止めると言わない原発問題を憂い。。。
法要、法話の後はお坊さんライブ。この「若狭の海」は会場からのリクエスト。311よりずっと前にできた曲。覚えやすい曲なので歌詞を入れてみました。

明日日曜は15時から、柏市南逆井の「浄真寺」でもライブをするそうです。

kumie62 at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年02月09日

東京第一検察審査会激励集会と鎮目記者を講師に勉強会

3642東電3重役の起訴決定に続き、東電と旧経産省保安院の津波対策担当者計5名を、業務上過失致死傷罪の疑いで東京第一検察審査会に申し立てています。その審議が行われる東京地裁前で、起訴相当の議決を出してくださいという激励集会があり、福島からバスでいらしたみなさんと一緒に建物内に向けてコールしました。

コールは3つ。
「検察審査会のみなさん がんばってください」
「原発事故の真相を 明らかにしてください」
「原発被害者を 見捨てないでください」

3653そのあと、参議院議員会館に移動、共同通信社科学部の鎮目宰司記者の勉強会。鎮目氏は311前より、福島原発建設を地震、津波問題から関係者に取材を続けており、その取材記録が上下2回で、岩波の「科学」で報告されています(会場で購入できたのは2月号で下)。官僚は言質を取られるような言い方はしませんが、津波の危険性が問題にされ、それに対応する工事計画も検討されていたにもかかわらず、それを無視する力が働いたことが浮かび上がります。福島原発事故は想定を超えた自然災害ではなく、経済効率を求める勢力により想定を無視した人災だったようです。





kumie62 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年01月31日

福島原発刑事訴訟支援団1.30発足のつどい@目黒区民センター

東京地検が2度不起訴とした東京電力旧経営陣
勝俣恒久元会長
武藤栄元元副社長
武黒一郎元副社長
の3人について、東京第五検察審査会が業務上過失致死傷罪で起訴すべきと決定、原発事故の刑事責任が初めて裁判で問われることになりました。
その訴訟を支援する支援団の発足集会に行ってきました。

3617

写真は会のエンディングです。福島の皆さん、呼びかけ人の皆さん、支援団の団長ほかが舞台に上がり、皆んなで「我らゆるがず」を歌いました。写真の左端の赤いセーターの男性は呼びかけ人の1人、「日本と原発」の映画監督河合弘之弁護士です。

事故から間のない頃、河合弁護士が現地の皆さんに東電幹部の刑事告訴をすべきと話したことが14,716人による告訴 となり、4年かかっていよいよ起訴に至ったのです。損害賠償請求をする民事裁判と違い、人間に刑罰を科す刑事裁判は証拠が重視されます。検察審査会の審査の段階でも、想定外の自然災害ではなく、想定され対応する期限まで決めていたものを無視した人災だった証拠となる事実が出てきたそうです。

刑事裁判を通し、原発事故がどうして起こったか、どすれば事故を避けられたかという真実があぶり出されてくる。それが原発再稼働をストップさせ、脱原発に繋がっていく。だから、東電元役員に続いて、国側の保安院の告訴、更に汚染水関係者の告訴と刑事告訴が続く。そのそれぞれの場面で何が起こったのかを知ることで、原発事故全体が見えてくる。

夏あたりから裁判が始まります。裁判情報は福島原発訴訟支援団のホームページに掲載されるでしょう。こちらです。

kumie62 at 19:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年12月25日

エミー賞ノミネート作「福島の嘘」第二ドイツテレビ・ZDF制作

世界は日本の原子力発電事業の実態、政府と東電の隠ぺいのすべてを知っています。



kumie62 at 19:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年09月21日

ドイツの反原発運動:日本を故郷にする人々が声を上げている

ドイツの反原発運動の風車デモの映像を紹介します。
約15分です。

kumie62 at 11:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年06月07日

日本人が知らないロシアの行為

国民が近隣国へ好意を抱くような情報はスっトップされる。
全ては日本を戦争をできる国にするためです。



kumie62 at 09:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年04月19日

いただきもののお豆腐と納豆

能登の有機栽培の大豆で作ったお豆腐と納豆です。
お豆腐も納豆美味しかった。
特に、大粒の大豆の納豆が最高でした。

最近、北陸産の食べ物が人気です。
食べて応援!
っていうけれど、
千葉に住む以上、気にしていては暮らせない
のですが、

不安のない美味しさは、格段に美味しいようです。

image

kumie62 at 20:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年04月15日

高浜原発再稼働差し止め決定 ⬅︎ 福井地裁

image25c86b45.jpg






やっぱり住民側の勝利です。

でも、国民のほとんどが原発再稼働は反対なのに、選挙では再稼働を進める自民党が圧勝? 
投票率も非常に低い。
選挙はシングルイッシューではないから、民意を実現できない。

この裁判の弁護団長河合弘之氏は、
「裁判は選挙とは違う。多数決ではない。裁判官ひとりを説得できればいい。」
と言います。

彼は映画「日本と原発」の監督です。
原発問題を担当する全裁判官に見てもらう意図で作ったそうです。
だから、映画では原発問題の争点すべてを網羅しています。
原発問題を担当する裁判官は膨大な専門資料を読む前にこの映画を見るでしょう。

この判決は上級審で覆されるかもしれません。
覆させないためにはどうしたらいいか。
福島地裁の判決文は、次々、控えている各地下級審での原発裁判官に少なからず影響を与えます。国民の支持が高い判決文にはより強く影響されるでしょう。
下級審が次々と脱原発判決したら、上級審の裁判官の良心に訴えないはずがない。安易に権力よりの判決は書けなくなるでしょう。

今、裁判が面白い!
いい判決への賛同の輪を広げましょう。





kumie62 at 03:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年03月17日

板橋市民ホールで「日本と原発」試写会

知人のデべロッパー社長とお仲間が主催した上映会です。大ホール1階がほぼ満席。

上映の後、河合弘之監督のお話しがありました。

この映画は一般市民と裁判官に見て欲しくて作った。推進側の主張を含め、論点は全て取り上げた。原発訴訟を担当する裁判官は膨大な専門的資料を読まねばならない。だから、先ず、この映画を見て全体を掴んでから、個別資料をあたれるようにした。

3月11日、高浜原発仮差し止め審尋は結審、関電側が裁判官の忌避申立てしたくらいだから差止めは認められるだろう。
裁判は(政治のように)多数決ではない。裁判官1人を説得すればいい。1つの裁判で勝てば結果は平面移動する。日本中の原発は一基たりと再稼働させない!という勢いでした。


kumie62 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年02月03日

東京ブラックアウト−原発再稼動が殺すのは大都市の住民だ‼︎

image昨年の12月4日発売の新刊です。
帯封の推薦文には、
「この小説は95%はノンフィクションだ」
とあります。
2014年迄のストーリーは、筆者の目で見たノンフィクション 。
2015年からのフィクションは怖い展開。
第2の原発事故は地震や津波などではなく、たった2人の男で首都圏か廃墟に。。。。

しかし、第2の福島が起きても、与党は原発政策を変更しない。
選挙では脱原発勢力が勝利するが、即時廃止とは宣言していない脱原発勢力が巨大電力マネーに絡め取られ、与党と連立政権を組み、脱原発政府はできない。










kumie62 at 23:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!