憲法

2017年05月22日

共謀罪につき国連から安部総理へ警告

image共謀罪は5月19日に衆議院法務委員会で強行採決し、23日に衆議院本会議で可決されようとしている。

共謀罪については国内の反対だけでなく、プライバシー権に関する国連特別報告者より安部首相宛に、人権を犯す恐れがあると強い懸念を示す書簡が送付されている。

この安倍首相宛の書簡については東京新聞には大きく掲載されたが、土日のテレビ番組は触れていない。
国際視点から警告を受けるような人権を脅かす法律をこのまま成立させていいはずはない。

kumie62 at 09:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年05月20日

2017年の共謀罪と1925年の治安維持法の答弁が一致する

治安維持法と共謀罪をめぐる答弁が恐ろしいほど一致している。朝日新聞(2017年3/15)

20170520治安維持法と共謀罪

戦前思想ー体制への回帰が進みます。安倍首相のお爺さん(対米戦争の決定者の一人=岸信介)に対する敬愛は、国家を私物化して前進します。

以上、武田康弘さんの思索の日記のシェアです。

治安維持法の結果、現実はどうなったか。恐ろしい法律です。



kumie62 at 01:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年05月19日

「知事抹殺」の真実 上映会のお知らせ

20170519知事抹殺の真実116〇日 時:5月27日(土)13:30~16:30

〇会 場:千駄ヶ谷区民会館集会室
      渋谷区神宮前1−1−10
      原宿駅徒歩10分

〇参加費:一般1,000円 学生500円

〇主催者:憲法を考える映画の会

5期18年県民と共に福島県を築いてきた佐藤栄佐久知事は、2006年9月、逮捕され、不当尋問を受け、虚偽の自白を迫られ、収賄額0円で有罪という前代未聞の有罪判決され、辞任に追い込まれた。取り調べ中の検事は、「知事は日本にとってよろしくない。いずれ抹殺する。」と言い放ったという。
佐藤知事が日本にとってよろしくない理由は原発推進に反対だったから。福島原発事故が起きたのは2011年3月、知事が有罪判決により辞任に追い込まれた5年後です。

予告編




kumie62 at 23:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年05月07日

共謀罪についての参考人、高山佳奈子教授(刑法)の話がわかりやすい。

image高山佳奈子先生の衆議院参考人質疑は、衆議院のHPで見られます。
山尾議員の質問もすごみがあってお勧めです。木村草太教授(憲法)
shugiintv.go.jp/jp/index.php?e…shugiintv.go.jp/jp/index.php?e…

高山教授(刑法)の話で、今、共謀罪新法を作る必要は全くないことがよくわかります。

kumie62 at 14:58|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2017年04月23日

憲法映画祭2017@日比谷図書館地下ホールの紹介

テーマ「今は、もう“戦前” なのですか? 」
憲法施行70年の今年、憲法記念日前の二日間。戦争と憲法の“いま” を考えます。

20170420憲法映画祭11320170420憲法映画祭裏114














と き:4月29日(祝)30日(日)
ところ:日比谷図書文化館・コンベンションホール
主 催:憲法を考える映画の会
http://kenpou-eiga.com/ 
4月29日(祝)
ドイツにおける戦争責任」
10:30〜11:10  『意志の勝利』(1934年・ドイツ)*ナチス党大会の第一日目のみ上映
11:20〜13:30  『白バラの祈り ゾフィー・ショル最期の日々』(2005年ドイツ)
13:40〜14:20  『夜と霧』(1955年・フランス)
14:30〜16:40  『顔のないヒトラーたち』(2014年・ドイツ)

4月30日(日)
「戦争と日本国憲法」
10:30〜12:20  『戦争しない国 日本』(90分・2006年・日本)
12:40〜14:20  『大東亜戦争』(98分・1968年・日本)*この作品のみ入場無料
14:20〜15:00  お話「報道の欺瞞と“いま”(仮題)」金平茂紀さん(ジャーナリスト)
15:10〜16:40  『天皇と軍隊』(90分・2009年・フランス)

入場料:1日券一般1500円 学生500円



kumie62 at 00:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年04月15日

藤田嗣治 渾身の大作「サイパン島 同胞臣節 全うす」(近代美術館)---死ぬこと「教育勅語」の最高の成果

天皇は現人神であり、国民は天皇のために命をも捧げる天皇の臣民であるとする『教育勅語』の威力は絶大で、白旗を揚げず玉砕し、女も子供も死ぬよう教育されたのです。教育の最終目的がここにあるですから、『教育勅語』を復活させていいはずはありません。
詳しくは、白樺恋知の会の武田康弘氏の「思索の日記」を。

image












下は「アッツ島玉砕」近代美術館
image





kumie62 at 21:37|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2017年02月10日

稲田防衛相の発言は、極めて危険ーいまも続く大本営の思想(東京新聞ー筆洗より)

image








思索の日記からです。
言葉で誤魔化(ごまか)す、言葉で騙(だま)す、というのは、戦前から日本の国の国是のようになっています。真実を嫌い、上位者(官僚政府)に都合のよいように変える、このおぞましい伝統を変えるのは、わたしでありあなたです。教科書ではかなり前から、中国侵略という史実を、その史実は消せないので、「中国進出」→ 進出!!??と言い換えるように文科省は教科書検定で各出版社に強制していますが、今度もまた同じです。大本営としての安倍自民党政権です。われわれ日本人は、戦前から続く古い思想をもつ保守政治家の意向には反対できない人々の群れでよいのでしょうか。民主政とは形式的制度のことで、中身は官府をはじめとする上位者に従うソフトな独裁政治では困ります。天皇現人神の明治維新政府をよしとする日本では民主政=自治政治は永遠に不可能なのでしょう。 支配し支配されることによろこびを感じるのが日本人なのでしょうか。戦前のアメリカ駐日大使グルーの言ったように、「日本人はアリやハチなどの昆虫のよう」なのでしょうか。 否、そうではない、われわれも個人として人間的な矜持をもてる存在だ、とわたしは思います。武田康弘

kumie62 at 09:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年01月26日

山本太郎さんの国会質問:限られた時間で言うべきこといっぱい詰め込んでます。



自民党はこの質問を国会議事録から削除しようとしているとは。

kumie62 at 23:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年01月20日

オリバー監督が日本に警告

「偉大で素晴らしい文化を持つ日本には、ひとつだけ問題がある。日本は自らの国家主権を持たない国、アメリカの従属国、いわば人質なのです」(News23 2017年1月19日)

imageimage







imageimage







上の動画はこちらから

kumie62 at 23:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年01月12日

テロに備えるなら現行法で十分

image 今月20日に召集する通常国会で安倍政権が新設をもくろむ「共謀罪」。過去3度の関連法案の廃案に懲りたのか、新たに「テロ等組織犯罪準備罪」と命名し、「テロ対策」を前面に打ち出している。だが、テロに備えるだけなら、現行法でも対策は十分に可能なのだ。 立正大名誉教授の金子勝氏(憲法)が言う。
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/197220/1

 

kumie62 at 05:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年01月11日

「憲法と君たち」が復刻

また憲法違反の法律が……
私たちは憲法を守るつもりのない議員を選んでしまった!

image

kumie62 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年01月09日

憲法を考える映画の会「横浜事件に生きて」

image 日時:2017129日(日)13301630

 会場:千駄ヶ谷区民会館 集会室
           (渋谷区神宮前1-1-10原宿駅10分)

  映画
横浜事件に生きて1990年制作・58
  映画『横浜事件 半世紀の問い』1999年制作・35分
             松原 明 監督・ビデオプレス作品
  参加費:一般1000円 学生600

 


kumie62 at 00:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年01月06日

三笠宮が70年前に天皇の譲位を認める制度を提案

image    テレビの皇室番組で昨年、享年100才で逝去され三笠宮(昭和天皇の弟)を取り上げていた。「三笠宮は戦争中、支那派遣軍参謀として南京に駐在し、日本軍の中国人虐殺を見て、聖戦と言われる日中戦争の実態を改善すべく報告した。報戦後も南京虐殺はなかったという声に対して反対する発言をされてきた。」ということはお亡くなりになった時に報道されていたが、この番組では主に、三笠宮が皇室典範改正審議中に提出した意見書「新憲法と皇室典範改正法案要綱(案)」を紹介していた。死以外に譲位の道がないことは新憲法第18条『何人も如何なる奴隷的拘束をうけない』という精神に反しないか。基本的人権がみとめられた憲法下、天皇にも人権が考慮されるべき。と天皇が皇室会議に譲位を発議できる条文を加える提案をしていたことを紹介していた。

   天皇は死ぬまで天皇というのは日本の伝統ではない。明治になり、ヨーロッパを見聞した伊藤博文が欧米列強が強いのはキリスト教という一神教信仰にあると分析し、日本の一神教として天皇教を思いつき、神である天皇は死ぬまで天皇、生前譲位は相応しくないとなったもの。
    だから、安倍晋始を筆頭に天皇が元首だった戦前に回帰したい勢力は天皇に生前譲位はさせたくない。しかし、国民は天皇の譲位発言に好意的であり無視はできない。そこで、今回に限り譲位を認める特別法で対応しようとしている。特別法で譲位ができる道があるなら、将来、政治権力に都合の悪い天皇を譲位させることも可能になる。憲法は第2条で、「皇位の継承は国会で決めた皇室典範による」と明確にしている。特別法などという姑息なことをせず、皇室典範を改正し恒久制度にして譲位を可能にすべきである。



kumie62 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年01月02日

靖国神社とは「神社」ではなく、明治政府がつくった「思想喧伝の施設」です。この事実をご存知ですか?

20170102靖国神社  以下は白樺教育館館長の武田康弘氏のブログの転載です。神社身近になるお正月を機会に確認しておきましょう。

   靖国神社は、明治政府が明治2年につくった「東京招魂社」という【政府神道】の施設で、従来の神道思想(各地にある神社)を否定し、1853年のペリー来航以来の〈維新革命側の兵士のみを祀る施設〉です。10年後に名称を神社と変えましたが、その思想は、実に恐ろしいものです。兵士たちは、このような天皇現人神という国体思想の施設に祀られていたのでは、永遠に浮かばれません。もちろん彼らの御霊は、それぞれの家族の元にあり、天皇現人神というカルト宗教の場にはありません。こういう異様な戦前思想の反省がないならば、日本の政治的社会的営みは、すべて砂上の楼閣です。あまりに当然の話です。

 

以下は、靖国神社の理論的重鎮である小堀圭一郎 東京大学名誉教授の談で、靖国神社の売店で平積みで売られている宣伝用パンフレットからの抜粋です。

靖国神社の本殿はあくまで、当時の官軍、つまり政府側(天皇)のために命を落とした人たちをおまつりするお社である、という考えで出発したのでして、それは非常に意味のあることだと思うのです。 そこには「忠義」という徳が国家経営の大本として捉えられているという日本特有の事情があるのです。 「私」というものを「公」のために捧げて、ついには命までも捧げて「公」を守るという精神、これが「忠」の意味です。

この「忠」という精神こそが、・・日本を立派に近代国家たらしめた精神的エネルギー、その原動力に当たるものだろうと思います。ですから・・命までも捧げて「公」を守る、この精神を大切にするということは少しも見当違いではない。その意味で、靖国神社の御祭神は、国家的な立場から考えますと、やはり皇のために忠義を尽くして斃(たお)れた人々の霊であるということでよいと思います。

靖国神社の場合は、・・王政復古、「神武創業の昔に還る」という明治維新の精神に基づいて、お社を建立しようと考えた点に特徴があるといってよいかと思います。

あの社は天皇陛下も御親拝になるきわめて尊いお社である。微々たる庶民的な存在にすぎない自分が命を捨てて国の為に戦ったということだけで天皇陛下までお参りに来て下さる。つまり、非常な励みになったわけです。
国の為に一命を捧げるということが道徳的意味をもつのは万国共通です。言ってみれば、人間にとっての普遍的な道徳の一項目なのです。

実は総理大臣が何に遠慮して、参拝に二の足を踏んでいるのか不思議でならないんです。
中共が総理大臣の参拝に文句を言ってくるのは、何も彼の国民感情が傷つけられたなどという話ではまったくない。あの国の民衆の大部分は靖国神社の存在すら知りません。・・外に問題を設けて反対勢力の目をそちらに向けさせようという国内政治の力学が働いている程度のことであって、まともに相手にすべきことではないんですね。

だから私はこの問題でも総理が断固として参拝されるのがよいと思うんです。そうすると直ちに北京から文句を言ってくるでしょうが、適当にあしらうなり、知らぬ顔を決め込むなり、いくらでも対処の仕方がある。
総理が北京からの苦情を無視して何度でも繰り返し参拝すれば、そのうち向こうも諦めて黙るに決まっている。
総理の参拝が実現し、やがて天皇陛下の行幸もできたということになると、私は国民のモラルに非常によい影響を与えることができると思うのです。
(1999年8月 小堀圭一郎・東京大学名誉教授)

また、靖国神社の遊就館では、明治以降の日本の戦争はすべて聖戦である、との映画をエンドレスで流しています。


(※もちろん、現天皇の明仁さんや皇后の美智子さん、皇太子夫妻は、このような思想を認めていません。)



武田康弘(元参議院「行政監視委員会調査室」客員ー日本国憲法の哲学的土台を講義)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

靖国神社の徳川宮司の発言が波紋−−パンドラの箱を開けた!

 2016-06-26 | 学芸

 以下の週間ポストの記事は、極めて重要です。

こどもたちの教科書にある明治維新の項目は、ひどく偏っています(例えば、NHKの歴史番組・ヒストリアでも伝えている伊藤博文の犯罪=国学者の暗殺、建造中の英国公使館焼き討ち=全焼、長州藩金からの多額の公金横領にはまったく触れず、聖人のごとく扱う)ので、公平・公正な目で日本史を見直し、単純な天皇史観から脱しないと、いつまでもわが国は、精神の後進国に留まります。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−

※週刊ポスト2016年7月1日号
靖国神社の徳川宮司の発言が波紋

続きを読む

kumie62 at 10:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年03月29日

3月29日安保関連法施行日の総かかり行動国会前集会

早めにメイン会場向かい側の国会前交差点の参加者スペースに着いたら動きが取れなくなり、こんな写真しか取れませんでした。
警察官がこんなにいっぱい。立ち止まって写真を撮ることもダメ。粘っている人が逮捕されないかとハラハラ。
20160329国会20160329国会2









会場の雰囲気が伝わる写真をface bookのお友達からお借りしました。
どういうことをして捕まったのかわからないけれど、サラリーマン風の若い男性が警察官に数人に連行され、彼女たち参加者たちがその後を追いかけ、結果釈放されるという事件も。
20160329国会320160329国会6






20160329国会520160329国会4







6時半から7時半までの総がかり行動の集会の後、9時15分まではシールズの集会。参加者のほとんどが残ってシールズ集会にも参加し、一層盛り上がってコールしていました。

毎日新聞











kumie62 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!