仏教

2017年05月31日

慈覚大師円仁ゆかりの寺

◎ 北向観世音堂

平安時代初期の825年、慈覚大師円仁により開創された霊場。
源平争乱で焼失。1252年、再興。
本堂が北に向いているのは、わが国でもほとんど例がないが、北向観音様は北向に建立され現世利益を願い、また善光寺様は南向きに建立され阿弥陀様には未来往生を願う。

imageimage









2016-05-03-09-47-522017-06-01-20-26-34










樹齢1200年と言われる境内の桂の木。慈覚大師円仁と千手観音にまつわる伝説が残されているが、知られるようになったのは、第1回直木賞を受賞した川口松太郎が、この桂の木を舞台に、若き医師と美貌の看護婦の恋愛を書いた小説「愛染かつら」が映画化され大ヒットしたため。右の写真は映画の1シーン、田中絹代と上原謙。

◎ 天台宗別格本山 常楽寺
北向観音の本坊。ここも慈覚大師円仁の開山と伝えられている。
imageimage









imageimage








常楽寺本堂の裏山の杉木立の中に立つ苔むした小さな塔は、国の重要文化財に指定されている石造多宝塔。









kumie62 at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

信州の鎌倉と言われる別所温泉のお寺

◎崇福山安楽寺
慈覚大師円仁の開創と伝えられるが、鎌倉時代中期、鎌倉建長寺開山蘭渓道隆と同じ船で帰国した樵谷惟仙禅師により再興。長野県で一番古い禅寺。
imageimage









imageimage









imageimage









imageimage









◎ 国宝八角三重塔

image安楽寺本堂裏を登った山腹にあります。建立は鎌倉末期、禅宗に伴って宋から伝来した様式で、禅宗式とも唐様とも言われる。八角三重塔は日本に三塔あったが焼失し、現在はこの塔のみ。


























kumie62 at 11:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年04月16日

栃木県壬生寺の円仁像のご開張に行ってきました。

20170416円仁2112image









壬生寺は慈覚大師円仁が誕生したお寺、右は円仁像が安置されている太子堂。
円仁像は撮影禁止なのでパンフレットから。年2回ご開帳しているだけなので傷みがなく、上の写真よりお顔も衣装もきれい。

imageimage









左の山門は、本堂と共に上野寛永寺所属の学問所の門を移築。右は壬生城跡お堀の桜。

imageimage









桜吹雪の日曜日、壬生町のみなさんは今年最後の桜を楽しんでいました。

続きを読む

kumie62 at 21:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年03月29日

香りたつ装飾美「高麗仏画展」@根津美術館

image道昭を読んで、日本の仏教伝来時期の朝鮮半島の仏教文化が進んでいたことに驚きを覚えたもので、13、14世紀と時期はずっと後になりますが、高麗仏画展を見に行きました。
香りたつ・・・とあるように、どれも色鮮やかで細部にわたり丁寧に描かれており、インドから中国を経て朝鮮にわたった仏教をそれはそれは大切に信仰したのがうかがえます。
紺地に銀文字の経典は表紙他に美しい図柄。現代に通じるようなデザイン性。
同時に明治の廃仏毀釈で別かれ別かれになっていた興福寺の定慶作、梵天・帝釈天立像の再会展も。



kumie62 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年01月14日

戸澤宗充庵主様の高座説教は琵琶の弾き語り

IMG_20170113_182303_066 池上本門寺宗務院講堂で、戸澤宗充庵主様が新年の高座説教をされるというので行ってきました。

庵主さまは伊豆高原にある女性の駆け込み寺【サンガ天城】と大田区の【一華庵】の庵主で、他に 大森駅近くに、飲んで食べて語れる 地獄谷おばんざい【地獄で佛】もやっています。

高座説教というのは一段高い台の上で座って仏道のお話しをするもので、このスタイルを真似て落語、講談が生まれたようです。庵主様のお説教のイントロは世事から始まり、ご自身がキリスト教から南無妙法蓮華経信仰に変わることで、次男出産入院中のご主人の突然死から立ち直った私事を話され、メインは南無妙法蓮華経信仰が生まれた時代背景として琵琶の弾き語りによる平家物語の一節、その後も弾き語りで、日蓮上人が南無妙法蓮華経信仰を弘めるために両親に別れ鎌倉に行くお話し。80才近い庵主様のハリのあるお声が講堂に響き感動的なお説教でした。

kumie62 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!